映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「曇天に笑う」福士蒼汰、古川雄輝、桐山漣が卒業控える高校生へエール送る

361

延暦寺学園比叡山高等学校を訪問したキャストたち。前列左から桐山漣、福士蒼汰、古川雄輝。

延暦寺学園比叡山高等学校を訪問したキャストたち。前列左から桐山漣、福士蒼汰、古川雄輝。

曇天に笑う」キャストの福士蒼汰古川雄輝桐山漣が、本日2月28日に滋賀・延暦寺学園比叡山高等学校をサプライズ訪問した。

唐々煙のマンガを本広克行が映画化した「曇天に笑う」は、300年に一度よみがえる大蛇(オロチ)の力を巡る壮絶な戦いを描いた物語。このたびキャストの3人は、ロケ地である滋賀・日吉大社で大ヒット祈願を行った後、同地での撮影に協力した比叡山高等学校の卒業式予行練習に登壇した。

3人が登場すると、卒業生たちから大歓声が起こる。日吉大社に関して福士が「約1年半ぶりに行ったんですけど、皆さんはよく行きますか?」と問いかけると、生徒たちから「よく行くー!」と返事が。また、明日3月1日に卒業式を迎える生徒たちへ福士は「卒業されていろんな道に進んで行くと思うのですが、僕が生きていくうえで大事だと思うのは“気付き”だなあと思う。気付くためにはアンテナを張ることが大事。いろんな情報をキャッチしていくことができると、“気付く”ということからよりいい人生になっていくと思います。そして、どんどん進んでいくことも大切。迷ったら進んでいくことで、よりよい人生になると思います。がんばってください」というはなむけの言葉を贈った。

続いて古川は、卒業生に「卒業おめでとうございます。僕が大切だと思っていることは、自分から行動することです。僕は自分からアクションを起こすことによって、役者の道に進むことになったので。これからいろいろと流されちゃう瞬間もあると思うんですけれども、自分から積極的に行動して目標に向かってがんばってください」とエールを送る。桐山は「学生時代の友達っていくつになっても仲間だし、卒業してバラバラになっていくけど、ここで出会った友達は大切にしてほしいと思います。親や先生が言ったからその道に進むんじゃなく、自分が何をしたいか、何を思うからこの道に進むのかを大切にしてほしい。それが原動力になり、みんなのこれからの人生を左右すると思うので、自分がやりたいと思うことをその瞬間に行動に移してほしい」と熱い思いを伝えた。

その後、福士から「この3人と一緒に写真でも撮りますか」と提案があり、じゃんけん大会を開催。最後に勝ち残った1人の男子生徒がキャスト3人と記念撮影を行ったほか、握手とハグも交わし、女子生徒たちからの悲鳴を受けた。そして約400名の卒業生をバックに集合写真を撮り、福士が「『曇天に笑う』は滋賀県が舞台の作品となっております。皆さんもなじみのある景色や場所が映っていると思いますので、ぜひ劇場で観てください。そして明日卒業するということで、今日やった練習を忘れずに、いい明日を迎えてください。卒業おめでとうございます」と話し、サプライズイベントを締めくくった。

「曇天に笑う」は3月21日より全国ロードショー。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

(c)映画「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

映画ナタリーをフォロー