映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

曇天に笑う

曇天に笑う

ドンテンニワラウ

解説

唐々煙による大ヒットコミックを『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が映画化。明治維新後の滋賀県を舞台に、人々に災いをもたらす大蛇の力を阻止しようとする雲神社の3兄弟と、明治政府右大臣の直属部隊、政府の転覆を企む忍者集団の三つ巴の戦いを、ド派手なアクション満載で描く。曇家3兄弟の長男を福士蒼汰、次男を中山優馬が演じる。

ストーリー

明治維新後の琵琶湖畔、300年に1度、災いをもたらす大蛇が復活すると言われる年。大蛇の力で政府転覆を企てる風魔一族を阻止すべく、曇神社を継ぐ曇家の三兄弟・天火、空丸、宙太郎は、岩倉具視の直属部隊・犲や金城白子らと三つ巴の戦いを繰り広げる。

2018年3月21日(水)公開 / 上映時間:94分 / 製作:2018年(日本) / 配給:松竹

(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン

(C) PIA

曇天に笑うのニュース

映画ナタリーをフォロー