映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

本広克行の総監督で「チャンネルはそのまま!」ドラマ化、水どう藤村&嬉野も参加

631

左から藤村忠寿、本広克行、嬉野雅道。

左から藤村忠寿、本広克行、嬉野雅道。

本広克行が、佐々木倫子によるマンガをもとにした連続ドラマ「チャンネルはそのまま!」で総監督を務めるとわかった。

原作マンガ「チャンネルはそのまま!」は、札幌のローカルテレビ局を舞台に、謎の“バカ枠”で採用された新入社員・雪丸花子と、彼女に振り回される周囲のテレビマンたちを描くコメディ。2008年から2013年まで週刊ビッグコミックスピリッツにて連載され、その後発行された単行本全6巻は累計発行部数100万部を突破した。連載当初から北海道テレビ(HTB)が全面協力し、同社に務める現役の報道記者やディレクターのほか、編成、営業、技術の担当者たちが取材に対応。マンガに登場する社屋や正面玄関、スタジオなどはHTBがモチーフとなっている。

HTBの開局50周年特別企画として製作される本ドラマ。2018年9月にHTB社屋が移転することを機に、撮影は現在のHTB社屋にて行われる。またHTBのバラエティ番組「水曜どうでしょう」のディレクター・藤村忠寿が監督、嬉野雅道がプロデューサーに名を連ねた。この発表にあたり本広は「HTBの開局50周年企画のドラマを絶対に面白い番組、いや作品にしてみせます!!」とコメント。藤村は「テッペンを狙えるスタッフと最良のキャストを集めました。やってやります!」と、嬉野は「テレビとは、テレビマンとはどうあるべきか。おこがましくも地方局がそのことを考えようというのである。本広監督! 出番ですよ!」と話している。なおコメントの全文は、6月25日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ30号に掲載される。

「チャンネルはそのまま!」は、2019年3月にNetflixにて独占先行配信。その後同月にHTBにて放送予定だ。

(c)佐々木倫子/小学館

映画ナタリーをフォロー