コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「曇天に笑う」完成披露、天火役の福士蒼汰が大事にしたのは「笑顔でいること」

307

左から古川雄輝、福士蒼汰。

左から古川雄輝、福士蒼汰。

唐々煙原作による実写映画「曇天に笑う」の完成披露舞台挨拶が、本日1月29日に東京・丸の内ピカデリーにて開催。曇天火役の福士蒼汰、曇空丸役の中山優馬、安倍蒼世役の古川雄輝、金城白子役の桐山漣、鷹峯誠一郎役の大東駿介、永山蓮役の小関裕太、武田楽鳥役の市川知宏、曇宙太郎役の若山耀人本広克行監督が登壇した。

オファーを受けた際を振り返り、福士は「自分が天火という大きい男を担えるかという不安は大きかった」と吐露。自分に何ができるかを考え、「笑顔でいること。この映画の撮影中は、みんなに自分から話しかけようと。そういうところが天火という役につながってくるんじゃないかと思った」と心がけていたことを明かした。

天火の弟・空丸を演じた中山は「(福士と)同い年なんですよ。だからどうなるのかなと思ってたんですけど、初めて本読みでお会いしたときに、『同い年だけど大丈夫か……(即座に)アニキ!』となるくらい、すんなりと受け入れられました」と告白。三男の宙太郎を演じた若山は「福士さんは僕を引っ張っていってくださって。なおかつ強いアニキで、身長が高くて、イケメンで、とにかくカッコいいお兄ちゃんが、僕は今でもずっと大好きです!」と伝え、福士と中山、2人の弟を演じられたことを「幸せです!」と笑顔で語った。

そんな兄弟を近くで見ていた白子役の桐山は、「原作そのままというか。僕はこの3人からお芝居でも影響を受けることが多い役回りだったので、そばにいて“兄弟感”を感じてました」と述懐。また犲(やまいぬ)のメンバーである蒼世役を演じる古川は、見どころとしてアクションを挙げる。「僕自身アクションは初めてだったんですが、蒼世は犲の中で一番強い役なので、皆さんに強い蒼世として映っているといいなと思います」と述べながら、マンガを何度も読み返しながら撮影に挑んだことを説明した。また本広監督は“萌え”にこだわったと話し、「男の子の萌えるカットって、軍隊とか制服とかいろいろあると思うんですけど、全部分析して(今作の)画に凝縮したと思っているので、各々で(萌えシーン)を探していただければ」とコメントした。

最後に福士は「出演者、スタッフが全身全霊で、命がけで作った作品です。カッコいい男たちがたくさん出ている胸熱な映画だと僕は思っています。最後は笑顔で帰ってください」とファンにメッセージを贈った。映画「曇天に笑う」は3月21日より全国にて上映される。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記。

映画「曇天に笑う」

2018年3月21日(水・祝)全国公開

スタッフ

原作:唐々煙曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
監督:本広克行
脚本:高橋悠也

キャスト

曇天火:福士蒼汰
曇空丸:中山優馬
曇宙太郎:若山耀人
安倍蒼世:古川雄輝
金城白子:桐山漣
鷹峯誠一郎:大東駿介
永山蓮:小関裕太
武田楽鳥:市川知宏
犬飼善蔵:加治将樹
迅影:池田純矢
霧生:若葉竜也
雷牙:奥野瑛太
岩倉具視:東山紀之

(c)映画「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

コミックナタリーをフォロー