映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「曇天に笑う」福士蒼汰、中山優馬と次はバディに!古川雄輝は3兄弟役を望む

648

「曇天に笑う」初日舞台挨拶の様子。

「曇天に笑う」初日舞台挨拶の様子。

本日3月21日、「曇天に笑う」の初日舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストの福士蒼汰中山優馬古川雄輝桐山漣大東駿介小関裕太市川知宏加治将樹若山耀人、監督の本広克行が登壇した。

イベントでは、MCからキャストたちへ「もう1度共演するなら、誰とどんな作品をやりたい?」と質問が飛ぶ。福士は「よりどりみどりだからなあ」と迷いながらも「やっぱり加治監督に撮ってもらいたい!」と、落ち着いた風貌から“監督”といじられていた加治を指名。加治は謙遜しながらも喜び、大東の「すごく卑猥なのを撮るよね」という言葉を受けて「福士蒼汰を全編にわたって全裸で撮るよ!」と意気込み笑いを誘う。そして福士が「優馬とバディものをやってみたい」と構想を明かした際には、中山は「うれしい!」と喜びつつ、若山の成長具合に言及して「僕は耀人の弟役を狙っていこうかな」と続けた。

同じ質問に、「福士くんが弟、大東さんがお兄ちゃんの3兄弟役をやってみたい」と語ったのは古川。彼は、大東からいとこ役として市川をオススメされると「最近共演したから大丈夫」と遠慮して観客を笑わせる。桐山は「撮影中はずっとUNOをやっていたので、(古川ら)犲メンバーと桐山で心理戦映画をやりたい」と述べ、大東は「女子1人を取り合うラブストーリー。加治くんがどんな姑息な手を使うか(笑)」とコメント。さらに本作で永山蓮役を務めた小関は「僕が桐山漣さんをやって、桐山さんが永山蓮役を……」と“困惑映画”の製作を望み、市川は「僕以外が全員ショッカー役。蒼汰が最初のボスでコロッと倒すんです。ラスボスは誰かなあ、本広さんかなー」と想像を膨らませた。「僕はふるぽん(古川)と同い年」と話して会場をざわつかせた加治は、「双子で、ほのぼのとした兄弟ものをやりたい」と古川との再共演に期待する。

続いて、犲メンバーによるダンスシーンを収めた特別映像「曇天ダンス~D.D~」の話題になった際には、福士と中山、若山、犲メンバーが同ダンスの一部を披露。パフォーマンスを終えた福士は「緊張した! 大丈夫でした?」と客席を見渡して大きな拍手と歓声を浴び、中山は「(ダンスの)入り口が全然わからなくて、本職なのにどうしようかと思いました!」と口にしながらも弾けんばかりの笑顔を見せた。

「曇天に笑う」は、唐々煙のマンガを原作とした時代劇。300年に一度よみがえる大蛇(オロチ)の力を巡る壮絶な戦いを描く。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

関連する特集記事

「曇天に笑う」特集PR
ミキが語る「曇天に笑う」PR
映画「曇天に笑う」特集 唐々煙インタビューPR
「曇天に笑う」特集 福士蒼汰 / 古川雄輝×大東駿介×小関裕太×市川知宏×加治将樹インタビューPR

(c)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

映画ナタリーをフォロー