映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

菅田将暉の主演男優賞に松坂桃李「兄としてうれしい」、蒼井優は主演女優賞を獲得

1256

左から松坂桃李、菅田将暉。

左から松坂桃李、菅田将暉。

第42回報知映画賞の表彰式が本日12月20日、東京のザ・プリンス パークタワー東京にて行われ、主演男優賞を獲得した菅田将暉と主演女優賞に輝いた蒼井優が登壇した。

「あゝ、荒野」「キセキ ーあの日のソビトー」「帝一の國」「火花」の演技が評価された菅田は「こんな大きなものを24歳の僕がいただいていいのか? 正直に言って実感がないです。たくさんの人に出会い、面白いもん作ろうとあーだこーだ言い合って、こうして形になりました。感無量ってこういうことかと思っています」とスピーチ。作品賞に輝いた「あゝ、荒野」の監督・岸善幸に「菅田将暉の代表作にしたい。そして俺の代表作にもしたい」と言われたことに触れ「映画は作品賞を獲り、僕はこの賞をいただき間違いなくそう言っていいんじゃないかと思っています」と力強く述べた。

表彰式には「キセキ ーあの日のソビトー」で菅田と兄弟役で共演した松坂桃李がゲストとして登壇。「尊敬している」と菅田への思いを語った松坂は「兄として心の底からうれしい」と喜びを明かした。

彼女がその名を知らない鳥たち」の演技によって主演女優賞を受けた蒼井は「阿部サダヲさん、松坂桃李さん、竹野内豊さんとお芝居をさせていただけたことが私にとって幸せなことでした」と撮影を振り返る。また同作が遺作となった中嶋しゅうに対して「遺作となったこの作品で賞が獲れたことをしゅうさんに報告しに行かせていただきました。しゅうさんとの出会いは私の中で大きく、教え子だと思っています。皆さん、中嶋しゅうさんという素晴らしい役者が日本にいたことを忘れないでいてほしいです」と述懐した。

ゲストとして登壇した「彼女がその名を知らない鳥たち」のキャストの阿部は「共演させていただいて、すごくいい女優さんだと感じていました。本当に身近で見てたんで間違いないですよ。皆さんは近くでは見てないと思うんですけど」と述べ、観客を笑わせる。続けて蒼井に「賞金もらえるんですよね?」と聞き、「いいな。いつか僕もこの映画賞を獲りたいなと思います」と冗談交じりに語った。

報知映画賞は、報知新聞社が主催する映画賞。映画ナタリーでは、表彰式全体の様子を追ってレポートする。

映画ナタリーをフォロー