映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北村匠海と浜辺美波が「君の膵臓をたべたい」で報知映画賞の新人賞を獲得

3451

左から寺尾聰、北村匠海。

左から寺尾聰、北村匠海。

本日12月20日、第42回報知映画賞の表彰式が東京のザ・プリンス パークタワー東京にて行われ、新人賞に輝いた北村匠海DISH//)と浜辺美波が登壇した。

「君の膵臓をたべたい」での演技が評価された2人。北村は「初めていただけた賞が輝かしいこの賞で大変うれしく思います。これからも精進していきたいです」、浜辺は「私はダンスも歌も得意ではなく、秀でているものがないことに不安を感じていました。このような賞がいただけたことをうれしく思います」とそれぞれ思いを語った。

表彰式には「君の膵臓をたべたい」のメガホンを取った月川翔、そしてテレビドラマ「仰げば尊し」で北村と共演した寺尾聰がゲストとして登壇。月川は「浜辺さんの演技は理屈やテクニックを超えて、その瞬間にしかない輝きを全身で放っていた。彼女と出会えたことは幸運でした」と浜辺を称賛する。寺尾は「昨年一緒にドラマを作りまして、スタートする前に『スクリーンやテレビの画面にはキャリアもギャラも出ない。だからどんな相手でも物怖じせずにやれ』と匠海に伝えました。そして彼はその通り物怖じせずにストレートに演じていました。そしてこの映画でも直球の演技が素晴らしく、感動しました。俳優仲間の匠海が受賞して本当にうれしいです」と喜びを明かした。

報知映画賞は、報知新聞社が主催する映画賞。映画ナタリーでは、表彰式全体の様子を追ってレポートする。

映画ナタリーをフォロー