「最低。」原作者・紗倉まながAV女優演じた佐々木心音らの演技に感謝

99

本日10月31日、「最低。」が第30回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映され、キャストの森口彩乃佐々木心音山田愛奈、原作者の紗倉まな、監督を務めた瀬々敬久が登壇した。

「最低。」舞台挨拶の様子。

「最低。」舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全17件)

「最低。」舞台挨拶の様子。

「最低。」舞台挨拶の様子。[拡大]

AV女優である紗倉の同名小説をもとにした本作は、アダルトビデオ業界と関わりを持つ3人の女性たちの物語。東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われたイベントでは、まず司会者から「実際に演じてみてAV女優のイメージは変わったか」とキャストたちに質問が投げかけられる。平凡な日常から新しい世界へ足を踏み入れる主婦・美穂を演じた森口は「イメージはだいぶ変わりました。渋谷とかを歩いていて、この中にどれだけそういう女の子がいるんだろうと思うほど、近い存在に感じるようになりました」と語る。

佐々木心音

佐々木心音[拡大]

家族から逃げるように上京しAV女優になった彩乃に扮した佐々木は「私は変わらなかったですね。火星人じゃないし普通に生きてる人」と述べ、自身の役柄について「職業としてAV女優を選んだ人だと思ったので、普通の女の子として演じさせていただきました」と明かす。奔放な母親に振り回される女子高生・あやこを演じた山田は「お二人と違って自分の母親がAV女優だったという役ですけど、あやこは最終的にはお母さんから愛をもらっていたことに気付くんです。母からの愛はどんな形であっても変わらないなと思います」と話した。

紗倉まな

紗倉まな[拡大]

原作者の紗倉は「AV女優は想像もできない仕事だと思いますが、偏見があったり咀嚼するには難しい役を皆さんが美しく演じてくださっていて本当にうれしかったです。誰もが感情移入できる部分があって心を打たれました。素敵な演技をありがとうございました」とキャストに感謝を述べた。瀬々はキャストについて「森口さんは初めて人前で裸になる方だったのでドキュメンタリーのように撮らせてもらいました。佐々木さんは今までも映画で脱いでいるので、セックスシーンがこなれてるような感じでベテランの風格がありました。山田さんは新潟県という地方から出たばかりのぼんやりとした女子高生で、一から勉強していく健気な姿が役にも出ていた。三者三様で素晴らしかったです」と明かした。

「最低。」舞台挨拶の様子。

「最低。」舞台挨拶の様子。[拡大]

瀬々は「この映画を作るにあたって、ピンク映画の監督からAV監督になった先輩を取材したら『AV女優になるのには2つの目的がある。お金と承認欲求なんだ』とおっしゃってたんです。まさに紗倉さんの原作は、生きにくい日本の中で自分の居場所を探している女性たちを描いていると思うんですね。そういう気持ちは広く日本の人たちに共有できる」と見解を語る。さらに、「紗倉さんの原作はAV業界を舞台にしていますが、それ以上に広がりのある内容だと思う。狭いところから広いところに広がっていくような作品になるんじゃないかという気持ちで作りました」と思いを述べ、イベントの幕を引いた。

「最低。」は11月25日より東京・角川シネマ新宿ほか全国で公開。なお第30回東京国際映画祭は、11月3日まで東京・六本木ヒルズほかで開催される。

この記事の画像(全17件)

関連記事

瀬々敬久のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017KADOKAWA

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 最低。 / 瀬々敬久 / 森口彩乃 / 佐々木心音 / 山田愛奈 / 紗倉まな の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。