映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「最低。」森口彩乃、AV出演する主婦演じて「誰かの勇気につながったら」

112

左から瀬々敬久、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈。

左から瀬々敬久、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈。

最低。」の初日舞台挨拶が、本日11月25日に東京・角川シネマ新宿で行われ、キャストの森口彩乃佐々木心音山田愛奈、監督の瀬々敬久が登壇した。

AV女優・紗倉まなの同名小説をもとにした本作は、アダルトビデオ業界に関わる3人の女性の姿を描いた物語。平凡な主婦でありながらアダルトビデオの世界へ足を踏み入れる美穂を演じ、大胆なシーンに挑戦した森口は「原作を読んで、女性の居場所や自信を探し求める姿にすごく共感しました。私自身が身をもってそれを表現したことで、誰かの勇気につながったらうれしいです。今私の持てるすべてをこの作品に捧げようと思って演じました」と覚悟を決めて臨んだことを明かす。

佐々木は折り合いの悪い家族から逃げるように上京し、AV女優になった彩乃を演じた。「私は今まで逆に脱ぎ倒しているから、脱ぐことにはまったく抵抗ないんです」とケロリとコメントすると、瀬々から「親泣いてないか?」とツッコミが。佐々木は「今日は家族や親戚もいっぱい来てくれてるんです。そうやってちゃんと観てくれることがうれしい」と喜びを伝え、「(AV女優役は)偏見を持たれてしまうような役かもしれませんが、普通の女の子でいられるようにドスの利いた声は抑えたりとか、そういうことを常に考えながら演じました」と役作りで意識したことを語った。

元AV女優の母親を持つ高校生・あやこ役の山田は、本作で演技初挑戦。「映画の現場自体が初めてで、どんな状況かさえもわからない中、監督の温かくも厳しいご指導のおかげで、なんとか最後まで演じ切れました。とてもいい女優としてのスタートが切れました」と感想を述べる山田に、瀬々は「オーディションのときから泣いたりすごくパワフルでした。わざわざ新潟から来てくれたんです。山田はすごいです」と手放しで褒めたたえた。

そして瀬々は「大島渚監督の『わいせつ、なぜ悪い』じゃないが、AVに出演することや人前で裸をさらして撮影することは悪いことなのか。そういう社会通念を取っ払って自由に生きたい、自分たちの“生”を確認したいと思う女性を描いた映画です」と本作のテーマを説き、「これは普通の人々にもつながることなので、ぜひ多くの人に観てもらいたい」とアピールした。

※「最低。」はR15+指定作品

(c)2017 KADOKAWA

映画ナタリーをフォロー