國村隼が韓国の青龍映画賞で2冠達成!「哭声/コクソン」日本公開も決定

570

國村隼が11月25日に韓国の青龍映画賞で男優助演賞と人気スター賞の2冠を獲得した。

青龍映画賞授賞式の様子。(c)スポーツ朝鮮

青龍映画賞授賞式の様子。(c)スポーツ朝鮮

大きなサイズで見る(全7件)

「哭声/コクソン」

「哭声/コクソン」[拡大]

國村は「チェイサー」のナ・ホンジン監督作「哭声/コクソン」に出演。平和な田舎の村に得体の知れない“よそ者”がやってきたことから、残虐な事件が多発していくサスペンススリラーで、國村は“よそ者”役を演じ強烈な存在感を見せた。彼を追い詰めていく警官ジョングに「弁護人」のクァク・ドウォンが扮し、そのほかの出演者にファン・ジョンミンチョン・ウヒらが並ぶ。

青龍映画賞でスピーチする國村隼。

青龍映画賞でスピーチする國村隼。[拡大]

青龍映画賞授賞式の様子。(c)スポーツ朝鮮

青龍映画賞授賞式の様子。(c)スポーツ朝鮮[拡大]

同映画賞37年の歴史の中で、外国人俳優として初めての受賞をなし遂げた國村。授賞式に参加した國村は「ナ・ホンジン監督が『日本に来て一緒にやろうよ』と言ってくれました。韓国で初めて撮った映画でこんなふうに賞をもらえるとは思っていませんでした」「日本で韓国映画を観ていて“どうして韓国映画はパワフルなのか、韓国の俳優の存在感はすごいのか”と思っていました。韓国に来てわかったのですが、韓国の現場は監督を頂点として俳優やスタッフがプライドを持って映画を作っていました。韓国映画が素晴らしいのは、素晴らしいお客さんがいるからだと思いました。賞をいただき本当にありがとうございました」と熱のこもったスピーチを披露した。

また、本作は監督賞、音楽賞、編集賞も獲得し、本年度最多となる合計5部門を受賞。2017年3月11日より日本公開される。

この記事の画像(全7件)

関連記事

國村隼のほかの記事

関連商品

(c)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 哭声/コクソン / 國村隼 / ナ・ホンジン / クァク・ドウォン / ファン・ジョンミン / チョン・ウヒ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。