映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

菅田将暉は中島裕翔のお父さん!?「ピンクとグレー」初日舞台挨拶

740

「ピンクとグレー」初日舞台挨拶の様子。左から柳楽優弥、夏帆、菅田将暉。

「ピンクとグレー」初日舞台挨拶の様子。左から柳楽優弥、夏帆、菅田将暉。

ピンクとグレー」の初日舞台挨拶が本日1月9日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて行われ、キャストの中島裕翔菅田将暉夏帆岸井ゆきの柳楽優弥小林涼子、監督の行定勲が登壇した。

NEWSの加藤シゲアキによる同名小説を映画化した「ピンクとグレー」は、芸能界の嘘とリアルをえぐり出す青春ドラマ。カリスマ的人気を誇りながら突如謎の死を遂げる俳優・白木蓮吾を中島が、その親友で、白木の死の真相を追う河田大貴を菅田が演じ、2人が思いを寄せる幼なじみのサリーに夏帆が扮する。

最初にコメントを振られた中島は「3連休の初日に足を運んでくださり、ありがとうございます」と、初主演映画の初日ということもあり緊張気味に挨拶。一方、カメラを片手に持って登場した菅田が、中島の方にレンズを向けながら「今日は個人的に、裕翔の晴れ舞台を見に来たお父さんの気持ちです」と声を弾ませると、客席から黄色い声が飛ぶ。

初日を迎えた感想を聞かれた行定は中島と菅田の現場での様子に触れ「こんなに仲良くなるとは」とコメント。続けて「2人が仲良くなっていく様子が映画の中に映っている。お互いがリスペクトし合っていることがこの作品を支える大きな要素になっている」と2人を賞賛。その話を聞いた中島と菅田は気恥ずかしそうに見つめ合う。

“世界が変わる仕掛け”が用意されている本作にかけて変わったことを聞かれた中島が「やっぱり将暉との距離ですかね」と述べると、菅田からは「まだその話するの!? すっごいアピールしたいんかお前は」とツッコミが。同じ質問に対して菅田が「乱闘シーンで裕翔の拳が顔に入ってしまったシーンがあるんですけど、それが気持ちよくて。初めての経験でした」とコメント。「柳楽くん分かってくれないかな? お芝居で勢い余ってしまう場面ってあるじゃないですか」と菅田が話を振ると、柳楽も「お互い役に気持ちが入ってる状態ってことだよね」と深く同意する。

本作で共演が3度目だという中島の変化について聞かれた夏帆は「身長が伸びた。だって初めて会ったとき小学生だったんですよ」と述べ、「当時からしっかりと自分を持っていたんですけど、素直に大きくなってくれてうれしいです」と思いを明かす。その言葉に菅田が「お母さんじゃん!」と反応し、会場の笑いを誘う。

最後にマイクを握った中島は「今日はお越しくださりありがとうございます。皆さんと一緒に初日を迎えられて本当に幸せです」と誠意のこもった声で述べ、イベントの幕を引いた。

「ピンクとグレー」は本日より全国にてロードショー。

映画ナタリーをフォロー