行定勲、「ピンクとグレー」舞台挨拶で中島裕翔と菅田将暉のベタベタぶり暴露

383

本日10月28日、第28回東京国際映画祭Japan Now部門上映作品である「ピンクとグレー」の舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われ、監督の行定勲が登壇した。

「ピンクとグレー」舞台挨拶の様子。行定勲(右)と、MCを務めた東京国際映画祭JAPAN NOW部門プログラミングアドバイザーの安藤紘平(左)。

「ピンクとグレー」舞台挨拶の様子。行定勲(右)と、MCを務めた東京国際映画祭JAPAN NOW部門プログラミングアドバイザーの安藤紘平(左)。

大きなサイズで見る(全6件)

行定勲

行定勲

「ピンクとグレー」は、NEWSの加藤シゲアキによる同名小説を行定が映画化した青春ドラマ。突如謎の死を遂げたスター俳優・白木蓮吾役をHey! Say! JUMPの中島裕翔、蓮吾の死の真相を追う親友・河田大貴役を菅田将暉、蓮吾と大貴の初恋の人サリーを夏帆が演じている。

「ピンクとグレー」舞台挨拶の様子。

「ピンクとグレー」舞台挨拶の様子。

行定は原作を読んだ際の印象について、「男と男のエロスや弟と姉のエロスを強く感じました。映画化するにあたっても、やはりエロスというものがテーマになってくるだろうとは思ってましたね」と説明。また、「僕はずっと生とか死を前提にした映画を作ってきたんですけど、この『ピンクとグレー』という小説の中心にも死が介在している。重要なのは死んだ人間ではなく残された人間というのが映画を作る上での僕の信条なんです。そういう意味では、加藤くんの原作にある『取り残された人間が死という謎にどう向き合っていくか』という部分は、自分の映画に引き付けやすい要素でしたね」と述べる。

行定勲

行定勲

また来場者とのQ&Aコーナーでは中島と菅田の関係に触れ、「お前たちはゲイカップルかっていうぐらいベタベタで(笑)。2人で夜の街を手つないで歩いてんじゃないかってぐらい仲がよかったんですよ。でもそのおかげで、この映画の中のごっち(中島が演じた蓮吾)とりばちゃん(菅田が演じた大貴)の関係性がうまく作れましたね」と語った。

さらに、「原作者である加藤シゲアキさんと、小説と映画の違いについてお話しされましたか?」という質問には、「シナリオを読んでもらったときには『物語を解体して作り直すという実験的な部分があって、行定さんの本気度がうかがえました』って言ってくれました。自分の原作を大事にしてる小説家だと『(原作と)一字一句変えるな』って言ったりするんですよ。それはそれで受けて立たなきゃいけないんだけど、加藤くんは監督がどう原作を受け止めたかを見るんです」と答えた。

「ピンクとグレー」は、2016年1月9日より全国ロードショー。

この記事の画像(全6件)

関連記事

行定勲のほかの記事

リンク

関連商品