映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

過激作「木屋町DARUMA」公開、武田梨奈が「ご飯が食べれなくなった」と告白

771

「木屋町DARUMA」初日舞台挨拶の様子。

「木屋町DARUMA」初日舞台挨拶の様子。

本日10月3日、東京・渋谷シネパレスにて「木屋町DARUMA」の初日舞台挨拶が行われ、キャストの遠藤憲一三浦誠己武田梨奈木下ほうか、監督の榊英雄が登壇した。

「木屋町DARUMA」は、あまりの過激さから出版社に刊行を断られ続けた丸野裕行の小説をもとに、京都・木屋町の裏社会の人間関係を描く作品。かつて街を牛耳っていたもののある事件によって四肢を失ったヤクザ・勝浦を遠藤が演じている。

遠藤は登壇早々「こんなエグくてヤバい映画、誰が観るんだろうと思ったらこんなにたくさんの方にお集まりいただいて、ありがとうございます(笑)」と冗談交じりに挨拶。「撮影から2年半もかかりましたがこうして公開を迎えられて本当にうれしいです」と話す榊は、本作の映画化のきっかけを聞かれ「原作の丸野さんから酒の席で『こんな本書いたんだけど出せなかったよ』と聞いて、『本が出せなくても、映画だったら出せるんじゃないの』って勢いで言ったんです」と答える。

遠藤は、四肢を失った男という役どころに関して「生まれて初めて観た映画が『ジョニーは戦場へ行った』だったので、両手両足のない人間が出てきて、映画は怖いものなんだなと思った。こうして、こんな役を演じることになるなんて思わなかったですね。全身で演技するのが俳優なんですが、今回はそういったものをすべて削ぎ取って心の大もとで勝負しないといけませんでした」としみじみ語る。

そして男性に顔を舐められたり、卑猥な言葉を吐いたりと過激な演技に挑戦した武田は、「怖くてご飯が食べれなくなったんですけど、ほうかさんが焼肉に連れて行ってくれました。ほうかさんはお母さんみたいな役割をしてくださって。東京から『今日のシーンは大丈夫だった?』って電話してくれたり」と感謝を述べる。木下は「恋人のつもりだったんだけど……」とふざけながら「武田さんには本当に今までにないような役に挑戦してもらいました。乳首も出していただいて」と冗談を重ね、武田から「出してないですよ!」と怒られる場面も。それから武田が卑猥なセリフの意味がわからずGoogleで検索したことや、木下が録音してくれた京都弁を毎晩寝る前に聞いて方言の練習をしたことを明かし、キャストらを驚かせた。

最後に榊は「遅すぎるくらいの公開ですが、皆さんの志をすくい取っていい映画ができました。ようやくご覧になっていただけます、楽しんでいただけるとうれしいです」とコメント。遠藤は「皆さんが観終わったときに嫌な気分になるのか、よくがんばったなと思うのかはわからないですが、全員で全力投球しました。悔いのない作品です」と映画をアピールし、舞台挨拶を締めくくった。

映画ナタリーをフォロー