映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

村井良大&武田梨奈がW主演、ネット小説原作のR15+映画「ドクムシ」

436

「ドクムシ」

「ドクムシ」

ネット小説をもとにしたR15+指定映画「ドクムシ」にて、「仮面ライダーディケイド」や舞台「弱虫ペダル」に出演した村井良大と、「原宿デニール」、実写版「進撃の巨人」の武田梨奈がW主演を務めることが発表された。

原作は2013年にE★エブリスタに投稿された八頭道尾の小説「コドク~蠱毒~」。のちに「ドクムシ」のタイトルでコミカライズされると、電子コミックで350万ダウンロードを超えるヒットを記録した。本作は、突然学校らしき建物に閉じ込められた7人の男女が、ネット上の都市伝説である“蠱毒”というデスゲームに追い込まれていくソリッドシチュエーションホラー。映画版では、現代日本の社会性をストーリーに反映させ、小説やコミックとは違うラストが用意されているという。

理性と本能の間で葛藤する大学生・レイジを演じる村井は、「人が追い詰められていくとき、または周りの人間が信用できなくなったとき、極限状態ではどうなってしまうのか。人間の本当の怖さが見える作品だと思います」とコメント。そして男性相手の激しいアクションをこなしながら、生き延びるために“女の武器”を使うことも厭わないキャバクラ嬢・アカネに扮した武田は、コミック版の感想を「恐怖、不安、戸惑い、勘違い、覚悟。とある出来事をキッカケに狂いだす、究極まで追い込まれた人間たちの本性をリアルに感じました」と話している。

共演は、劇団EXILEメンバーの秋山真太郎、「SR サイタマノラッパー」シリーズの駒木根隆介のほか、水上京香、宇治清高、野口真緒ら。「クソすばらしいこの世界」「女の子よ死体と踊れ」の朝倉加葉子がメガホンを取り、主題歌はガールズポップデュオ・Faint★Starが担当する。

「ドクムシ」は4月9日より、東京・新宿ピカデリーほか全国で2週間限定上映。同日からニコニコ生放送のネットシネマでも公開される予定だ。

村井良大 コメント

レイジ役の村井良大です。今回のドクムシという作品は、眼が覚めたときに密室の建物の中に閉じ込められていて、その中で殺し合いをしなくてはならないという、精神が擦り切れそうな作品です。人が追い詰められていくとき、または周りの人間が信用できなくなったとき、極限状態ではどうなってしまうのか。人間の本当の怖さが見える作品だと思います。是非劇場でご覧下さい。

武田梨奈 コメント

漫画を見終わったあと、気持ち悪くなるような衝撃を受けました。恐怖、不安、戸惑い、勘違い、覚悟。とある出来事をキッカケに狂いだす、究極まで追い込まれた人間たちの本性をリアルに感じました。映画化という無謀な企画を実現し、リアルな体感を味わいました。覚悟して観てください!

(c)2016「ドクムシ」製作委員会 (c)合田蛍冬 八頭道尾/双葉社・E★エブリスタ

映画ナタリーをフォロー