映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

塚本晋也監督作「野火」新たな予告映像、燃え上がる建物を背景に兵士が笑う

328

「野火」 (c)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

「野火」 (c)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

塚本晋也の監督最新作「野火」から、新たな予告編映像が到着した。

大岡昇平の同名小説を原作とした「野火」は、第2次世界大戦中のフィリピンを舞台に、戦地をさまよい歩く兵士の煩悶を活写した人間ドラマ。主人公の田村一等兵を塚本自らが演じ、そのほかのキャストにはリリー・フランキー中村達也森優作らが起用された。本作は5月にスイスで開催されたバーゼル・ビルトラウシュ映画祭のインターナショナル・コンペティション部門“カッティング・エッジ”において、グランプリを獲得。

YouTubeにて公開された予告編に収められているのは、鮮やかな自然を背景に人間が疲弊していく様子。いたるところに同胞の死体が転がっている戦地で、耐え難い飢餓感に苛まれる兵士たちは、人肉を食べるか否かといった問題に直面する。さらに現地の女性に偶然出会った田村が「殺しはしない」と語りかけるものの、その呼びかけに応じる気配のない彼女が取り乱し叫ぶさまや、炎上する建物をバックに何かに憑かれたように笑う田村の姿などがスリリングに切り取られている。

「野火」は、7月25日より東京・ユーロスペースほか全国でロードショー。なお本作の台本や絵コンテ、塚本と社会学者の宮台真司の対談などをおさめた書籍「塚本晋也×野火」が7月11日に発売される。

映画ナタリーをフォロー