ステージナタリー

「ACCA」追加キャストに今村ねずみ・鈴木省吾・鷲尾昇、公演詳細も発表

937

「舞台『ACCA13区監察課』」の追加キャストおよび、公演詳細が発表された。

発表された出演者はリーリウム役の今村ねずみ、グロッシュラー役の鈴木省吾、スペード役の平川和宏、パスティス役の鷲尾昇、パイン役の伊藤明賢、モーヴ役の蓮城まことら。脚本・演出を石井幸一、振付を黒田育世が担当する。公演は11月3日から12日まで東京・品川プリンスホテル クラブeXにて。

オノ・ナツメのマンガを原作としたアニメ「ACCA13区監察課」を舞台化する本作。“もらいタバコのジーン”の異名を持つ謎多き男、ジーン・オータスにはD-BOYS荒木宏文、ジーンの友人で物語のカギを握るニーノには丘山晴己がキャスティングされている。チケットは9月24日10:00発売。

荒木宏文コメント

ジーン・オータス役を演じられる事、とても光栄に思います。
ですが、同時に大きなプレッシャーも感じています。
原作のオノ先生はもちろん、読者の皆さん、アニメで声をあてられた声優の皆さん、視聴者の皆さんのACCAに対する想いはとても強いと思います。
なぜなら私自身、ACCAが好きで同じ想いだからです。
自分がやると決まった時、正直、好きだからこその不安などもたくさんありました。
でも、ネガティヴな感情よりも、好きだからこそのACCA に携われる喜び。
皆さんと同じように「漫画、アニメを大切にしたい」という気持ちの自分が舞台を作れる幸せ。
そんなポジティブな感情が優っています。
好きだからこその暴走(笑)が起きぬよう気をつけながら、キャスト、スタッフ一丸となって精進して作り上げたいと思っています。
「舞台『ACCA13 区監察課』」楽しみにしていて下さい。
よろしくお願い致します。

丘山晴己コメント

皆さん、はじめまして。
この度ニーノを演じさせて頂くことになりました丘山晴己です。
ジーンの悪友であるニーノ。
彼は二つ、三つの顔を持つ謎の多い人物で、「ACCA13 区監察課」のストーリーにおける重要なキーパーソン。
ニーノは感情を表に出さないタイプですが、僕はどちらかというと感情をストレートに出して、言葉で伝えてしまうタイプ。自分と真逆のニーノは、今まで演じたことのない役柄で、そんなニーノを演じられることも嬉しく、彼の魅力を劇場にお越しくださる皆さんに届けられるようにしたいです。
皆さんとお会いできますこと楽しみにしております。

「舞台『ACCA13区監察課』」

2017年11月3日(金・祝)~12日(日)
東京都 品川プリンスホテル クラブeX

原作:オノ・ナツメ(月刊「ビッグガンガン」スクウェア・エニックス刊)
脚本・演出:石井幸一
振付:黒田育世

キャスト

ジーン・オータス:荒木宏文
ニーノ:丘山晴己

スペード:平川和宏
パスティス:鷲尾昇
パイン:伊藤明賢
モーヴ:蓮城まこと

オウル:川本成
ウォーブラー:伊阪達也
ビスキュイ:鳶野恭平
シュヴァーン:山崎晶吾(※「崎」はたちざきが正式表記)
マギー:北川尚弥
ロクステッラ:前田隆太朗

文、秉泰
Ibu

グロッシュラー:鈴木省吾

リーリウム:今村ねずみ

ほか

(c)オノ・ナツメ/SQUARE ENIX・ACCA 製作委員会 (c)舞台 ACCA 製作委員会

ステージナタリーをフォロー