ステージナタリー

伝統芸能×アニメ!明治座でバーチャルキャラが誘うミュージカル、9月から

263

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」 ビジュアル (c)2016藤ちょこ/明治座

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」 ビジュアル (c)2016藤ちょこ/明治座

明治座が、伝統芸能とアニメを融合させた新たなミュージカル公演「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」を、9月7日に開始する。

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」では、アクロバットダンスカンパニー・G-Rocketsを主宰する多田誠 が総合演出を担当。バーチャルキャラクター・SAKURAを夢先案内人として登場させ、日本の美しい四季を織り交ぜつつ、 観客を異次元の世界に誘うという。舞台や客席はもちろんのこと、エントランスホールやロビーなど、劇場空間のすべてが「和の魅力をたっぷり詰め込んだ玉手箱」のイメージに変身。光、映像、音楽を盛り込んだ新感覚のパフォーマンスが展開される。

明治6年に創業し、今年で143年目を迎えた明治座。2020年の東京オリンピック開催を控え、今後も増加が予想される訪日外国人の需要獲得を目指して日本橋の地から夜間市場の活性化を目指す。初年度は約100公演、10万人の来場客数を見込み、2020年に向けて拡大展開させていく。

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」

2016年9月7日(水)~2017年3月31日(金) ※2017年度以降の日程は調整中
東京都 明治座

総合演出:多田誠

ステージナタリーをフォロー