ステージナタリー

近藤公園×平岩紙が“相方”と二人芝居、竹内銃一郎「あたま山心中」に挑戦

416

近藤公園・平岩紙 二人芝居「あたま山心中~散ル、散ル、満チル~」ビジュアル

近藤公園・平岩紙 二人芝居「あたま山心中~散ル、散ル、満チル~」ビジュアル

大人計画の近藤公園平岩紙が、竹内銃一郎の二人芝居「あたま山心中~散ル、散ル、満チル~」を10月に駅前劇場にて上演する。

「あたま山心中~散ル、散ル、満チル~」は、竹内が吉田日出子の依頼によって古典落語「あたま山」から想を得て、さらにメーテルリンクの「青い鳥」を軸に描いた物語。tsumazuki no ishiの寺十吾が演出を手がける。

大人計画のメンバーと共演の機会が多い片桐はいりは「そもそも、近年とみに伸びざかりのこの二人に、『そんなに伸びざかりたいのなら、二人で何かやるがいい!』と たきつけたのは他ならぬ私だが、よもやこの時期、竹内銃一郎氏のこの作品を選ぶとは!まさに同じ頃、私は池袋で竹内氏の『あの大鴉、さえも』を上演中である。対決だ。負けはせぬ」とコメント。

また近藤と平岩は連名で、「2000年『キレイ』で同時に初舞台を踏み16年。対戦相手でもあるような相方と二人芝居に挑みます。奇しくも同時期に先輩とも対決。 一手一手を目論んで突き進みます」と意気込みを見せている。チケットは8月20日に一般発売される。

近藤公園・平岩紙 二人芝居「あたま山心中~散ル、散ル、満チル~」

2016年10月12日(水)~19日(水)
東京都 駅前劇場

作:竹内銃一郎
演出:寺十吾
出演:近藤公園平岩紙

ステージナタリーをフォロー