音楽ナタリー

レキシ恵比寿公演に斉藤和義登場!自前の和服姿で熱唱

931

レキシの全国ツアー「レキシツアー~今回は遺跡に行けるのですか?~」の東京・LIQUIDROOM ebisu公演が、昨日1月11日に開催された。

オープニングでほら貝の音と共にステージに現れたレキシこと池田貴史は、超満員のオーディエンスを前に「どうかしてるわこれ!(笑)」と驚愕。観客の熱気が充満したフロアに向け、最新アルバム「レキミ」の曲を次々と披露した。

本編中盤の「恋に落ち武者 feat. 足軽先生」では、シークレットゲストの足軽先生(いとうせいこう)が呼び込まれて池田とともに息のあったパフォーマンスを展開する。いとうは曲が終わると「See you again!」と挨拶し、この後のさらなる出番を匂わせながらステージを去った。

アンコールで池田は華やかな髪飾りや真紅のTシャツを身に着けた“姫君ファッション”で登場。「このツアーではずっと、とある曲を紋付姿でやってたの。でも違うでしょ? この曲やるなら姫君でしょ? じゃあ2人目のゲスト呼んじゃいましょうか」と、この日2人目のシークレットゲストとして齋藤摩羅衛門こと斉藤和義を呼び込んだ。

自前の衣装だという和服姿で斉藤が登場すると場内は熱狂。オーディエンスが前方に殺到し、池田は「わかりやすく盛り上がるのやめてください!(笑)」とすねつつも、斉藤とともに「姫君Shake! feat. 齋藤摩羅衛門」を披露した。斉藤はギターをかき鳴らしながら熱唱し、池田の破天荒なステージングに「やりたい放題だね(笑)」と苦笑。斉藤がステージを去ると、池田は会場の盛り上がりっぷりに首をかしげ「どう思う? うれしいけど、盛り上がってたけどどう思う?」と、バンドメンバーに問いかけていた。

アンコールラストの「狩りから稲作へ」では、いとうと飛び入りゲストの謎の忍び・シャカッチが登場。池田はシャカッチに「急に来ないでよ!(笑)」と話しかけながら、和気あいあいとした掛け合いを3人で展開した。このツアーは1月18日の宮城・仙台darwin公演でファイナルを迎える。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ