音楽ナタリー

坂本真綾5DAYSライブ「in the silence」で1年の締めくくり

182

坂本真綾の最新コンセプトアルバム「Driving in the silence」の発売を記念したワンマンライブ「坂本真綾LIVE 2011 "in the silence"」が、東京・天王洲 銀河劇場にて12月13日~18日のうち5日間にわたって開催された。

このライブでは、2001年発売の「イージーリスニング」、2007年発売の「30minutes night flight」、そして今年11月にリリースされた「Driving in the silence」と、これまでに発表された3枚のコンセプトアルバムの楽曲を、リリース順、収録曲順どおりに1ステージで全て披露するというユニークな試みが行われた。あらかじめセットリストが公開された状態で、ステージがどのように展開していくのか。会場にはいつものライブとはひと味違った緊張感がただよっていた。

演奏はバンマス河野伸(Key)を中心に、バンドセットと2人の女性コーラス、4人のストリングスによる総勢10人で構成。各アルバムの導入部にスクリーンを使った演出がインサートされ、真綾はそのたびに衣装を変えて登場する。3本の中編作品を同時上映するオムニバス映画のような展開だ。

ちょうど10年前にリリースされた「イージーリスニング」のコンセプトは「鳥籠の中の小鳥」。自分らしいスタイルができあがりつつあった時期に、敢えて普段ならば使わない言葉を積極的に選び、自身の新たな一面を表現した作品だったという。真綾は「このアルバムがあったから、次へ次へと進むことができた」と当時を振り返った。続く「30minutes night flight」のパートは、アルバム同様ぴったり30分で構成するために、敢えてMCを挟まず進める徹底ぶり。そして最後の「Driving in the silence」のパートでは、「冬」をテーマにした作品作りについて「旬の食材を楽しむように、衣替えをするように、音楽を楽しんでもいいんじゃないかしら。それってとっても豊かな楽しみ方なんじゃないかしらと思って、このアルバムを作りました」と語った。

本編のクライマックスは、真綾本人が作詞・作曲を手がけた「誓い」。最終日のみ天井から雪が降ってくるという演出が見られたが、これは真綾やバンドメンバーに内緒で行われたサプライズ。「30過ぎたら泣かないって決めてたので泣きませんでした。みんな私を泣かせようとして一生懸命やね(笑)」と感極まりつつも冷静な真綾だったが、最後は「本当に溶ける雪だよ。だって冷たかったもん。楽器とか大丈夫かなって頭の中でいろんなことが駆け巡りましたけど、美しすぎて、ずっと見ていたいような景色でした」と目をきらめかせてよろこびを語った。

アンコールでは「1曲もシングル曲がないマニアックなライブへようこそという感じですけど(笑)、最後に少しだけ」と、10月に発売されたシングル「Buddy」「おかえりなさい」の2曲を披露。ラストナンバーはコンセプトアルバム以外の楽曲から、冬をイメージさせる楽曲が日替わりでセレクトされた。最終日に選ばれたのは、通常のライブで必ず最後に歌われる「ポケットを空にして」。観客も一体の大合唱で、5日間におよんだステージはにぎやかに幕を下ろした。

「坂本真綾LIVE 2011 "in the silence"」セットリスト

2011年12月13日(火)・14日(水)・16日(金)・17日(土)・18日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

01. inori
02. blind summer fish
03. doreddo 39
04. afternoon repose
05. bitter sweet
06. another grey day in the big blue world
07. birds

08. 30minutes night flight
09. ドリーミング
10. 記憶-there's no end
11. 僕たちが恋をする理由
12. セツナ
13. ユニバース
14. 30minutes night flight~sound of a new day

15. Driving in the silence
16. Sayonara Santa
17. Melt the snow in me
18. homemade christmas
19. 今年いちばん
20. たとえばリンゴが手に落ちるように
21. 極夜
22. 誓い
23. Driving in the silence -reprise-

<アンコール>
24. Buddy
25. おかえりなさい
26. 真昼が雪(13日)/ 冬ですか(14日)/ Rule~色褪せない日々(16日)/ 木登りと赤いスカート(17日)/ ポケットを空にして(18日)

音楽ナタリーをフォロー