音楽ナタリー

欅坂46の歴代衣装が竹下通りに、メンバーは「夢みたい」と大喜び

906

「欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th」開催記念イベントの様子。

「欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th」開催記念イベントの様子。

欅坂46の衣装展「欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th」が本日10月24日から30日まで東京・竹下通りDisplay windowにて開催されている。

ロッテ「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」の一環であるこの展示は、現役の美大生である佐藤詩織が「キシリトールガム<Xミント>」の限定パッケージのデザインを手がけていることから企画されたもの。展示では佐藤詩織がデザインしたオリジナル衣装と、1stシングル「サイレントマジョリティー」から5thシングル「風に吹かれても」までの衣装全6種類が並べられている。

本日、東京・JOL原宿にて開催記念イベントが行われ、佐藤、渡辺梨加、渡邉理佐、守屋茜、菅井友香、土生瑞穂が出席した。佐藤は自身でデザインしたオリジナル衣装を着用したほか、渡辺は1stシングル「サイレントマジョリティー」、渡邉は2ndシングル「世界には愛しかない」、守屋は3rdシングル「二人セゾン」、菅井は4thシングル「不協和音」、土生は5thシングル「風に吹かれても」の衣装で登場。渡邉は「かわいさもありつつ、欅坂46のカッコよさもある」、守屋は「プリーツもかわいくて、みんなで踊ったときに回転したときの広がりが均一できれい」、菅井は「スタイルがよく見える。青で、曲の強さが引き立っていると思う」とそれぞれが衣装についての思いを解説し、土生は袖口に用意されているという“隠れ欅”を見せる。

佐藤は自身が手がけた衣装について「緑を基調にしたワンピースに三角形を多く散りばめた」と “欅坂46らしさ”をアピールしたのち、欅坂46のメンバーと美大生の両立で葛藤があることを明かしつつ「同世代の人で同じような悩みを抱えている人にとっても希望になれればと思い、明るい色を使いました」と説明。そんな佐藤の衣装を見て、守屋は「今回初めて間近で見たんですけど、オシャレポイントがたくさん散りばめられていて。できることなら着てみたい。みんなの分も作ってほしい」と大絶賛していた。

中盤、話題は今回の展示会についてへと移行。菅井が「竹下通りにあんなに大きくパネルを作っていただいてありがたいです。いろんなこだわりのある衣装を間近で見てもらいたい。ファンの方はもちろん、竹下通りに遊びに来たいろんな人に見てもらえたら」と語り、佐藤は「竹下通りは小学生の頃からよく来ていて。そこにどーんと大きく私たちの衣装が飾られているのは夢みたいです」と声を弾ませた。

イベントの後半には、着てみたい衣装のデザインを発表するコーナーも。チェックが好きだと言う渡辺は青のチェック柄を配したデザイン、黒が好きだと言う渡邉は黒のワンピースと、思い思いにアイデアを紹介していく。また守屋は欅坂46マークをあしらったスカーフを使用したり、菅井は衣装全体に大胆に欅の木を描いたりと、欅坂46らしさを採用したデザインも見られた。また佐藤が「風に吹かれても」の衣装から着想したというパンツスタイルを発表するとメンバーから「着てみたい!」との声が上がるなど、会見は終始和やかに進行した。

会見後に行われた囲み取材では、ガムにちなんで記者から「菅井さんがよく“噛む”印象があります」との指摘が。すると菅井は「そうですね……人前に出たりして緊張するとよく噛んじゃいます」と照れ笑いを浮かべ、佐藤からは「ライブでいい内容を話しているところで噛んで、笑っちゃうことがあります。そこが友香らしいんですけど」とツッコまれていた。大学でグラフィックデザインを専攻していると言う佐藤は今回の「キシリトールガム<Xミント>」デザインを任されたことについて「学校で学んでることだったのでうれしい」と喜び、「いつか欅坂46のグッズや、CDジャケットの1ページだけでもデザインできたら」と展望を語った。

欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th

10月24日(火)~10月30日(月)東京都 竹下通りDisplay window

音楽ナタリーをフォロー