音楽ナタリー

出し惜しみなしの大盤振る舞い!くるりの20回転ツアーお台場で終幕

2160

くるり「チミの名は。」東京・Zepp DiverCity TOKYO公演の模様。(撮影:岸田哲平)

くるり「チミの名は。」東京・Zepp DiverCity TOKYO公演の模様。(撮影:岸田哲平)

くるりがベストアルバム「くるりの20回転」のリリース記念ツアー「チミの名は。」の最終公演を、2月28日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催した。

ツアーは、結成20周年を記念して発売されたベストアルバムを携えて全国で展開。初期メンバーであった森信行(Dr)のほか、野崎泰弘(Key)、クリフ・アーモンド(Dr)、松本大樹(G)、山本幹宗(G)という個性豊かなバンドメンバーが入れ替わり立ち替わり登場し卓越したプレイで岸田繁(Vo, G)と佐藤征史(B, Cho)を支えた。

ライブは岸田、佐藤、野崎、森、山本という編成でスタート。森が刻むタイトなリズムに、岸田と佐藤が伸びやかなハーモニーを重ねる「ワンダーフォーゲル」や、ロカビリー調の「トレイン・ロック・フェスティバル」など明るい曲調のナンバーが続いていく。岸田はツアーの内容を決める前に「チミの名は。」というタイトルを付けたことを語り、「とりあえず入れ替わろうと。入れ替わって何事もなかったように演奏しますが、皆さんは楽しんで」と観客に呼びかけた。

続くブロックでは森、山本と入れ替わりでクリフと松本が登場。クリフのパワフルなドラムに似合う「Bus To Finsbury」や、どっしりとしたアンサンブルが楽しめる「Morning Paper」などが演奏される。また岸田曰く「俺の中では永遠にシングル候補」という哀愁たっぷりの「Tonight Is The Night」や、「琥珀色の街、上海蟹の朝」「ふたつの世界」といった最近のナンバーなどがパフォーマンスされ、くるりの多様な音楽性がオーディエンスにアピールされた。

ライブの後半に差し掛かるとサポートメンバーが勢ぞろいし、岸田と佐藤と共に迫力のあるアンサンブルで「Superstar」や「ロックンロール」など2000年中期に発表された楽曲を奏でていく。本編の終盤で岸田は「男臭いメンバーでお送りしてます。20年いろんな曲を書いてきました。これからもいろんな曲を書いていこうと思います」とファンに誓い、「ほんまアルバム作らなあきまへんな」と佐藤に語りかける。佐藤もその言葉に「自分たちが新しいものが聴きたいんですよね」と続け、新作への意欲を明かした。そして2人は、本編のクライマックスを「街」と「虹」という2曲でドラマチックに彩った。

アンコールは岸田1人による「The Veranda」の弾き語りで始まり、岸田と佐藤の2人編成による「遥かなるリスボン」へと続く。さらに「出し惜しみなくもうちょっとやります」という岸田の言葉通り、これからの季節にぴったりな「春風」やインディーズ時代の「夜行列車と烏瓜」が披露された。その後バンドメンバーが再びそろい、ツインドラムとトリプルギターという編成で「ワールズエンド・スーパーノヴァ」がスタート。ステージ上のメンバーは心地よさそうな表情を浮かべ、観客は彼らが作り出す躍動感たっぷりのグルーヴに身を委ねる。そしてツアーは、「皆さんのご健康とご健勝を祈って、ギフトのような1曲をやって終わろうと思います」という岸田の言葉を経て「Liberty&Gravity」で大団円を迎えた。

くるり「チミの名は。」2017年2月28日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

01. ワンダーフォーゲル
02. トレイン・ロック・フェスティバル
03. 魔法のじゅうたん
04. 愉快なピーナッツ
05. BIRTHDAY
06. Bus To Finsbury
07. Morning Paper
08. Tonight Is The Night
09. 琥珀色の街、上海蟹の朝
10. ふたつの世界
11. 京都の大学生
12. 帰り道
13. Long Tall Sally
14. Superstar
15. ロックンロール
16. Ring Ring Ring!
17. HOW TO GO
18. 街
19. 虹
<アンコール>
20. The Veranda
21. 遥かなるリスボン
22. 春風
23. 夜行列車と烏瓜
24. ワールズエンド・スーパーノヴァ
25. Liberty&Gravity

音楽ナタリーをフォロー