音楽ナタリー

「俺があっためてやるから!」PrizmaX、横浜で寒さ吹き飛ばす熱演

1062

PrizmaX

PrizmaX

PrizmaXが本日2月7日に神奈川・ららぽーと横浜にてライブイベント「~The Super Goldest Afro~」を開催した。

このイベントは、彼らが4月6日にリリースするニューシングル「UP<UPBEAT」のリリースを記念して全国各所で行われるもの。「UP<UPBEAT」はPrizmaXの7枚目のシングルで、彼らのデビュー3周年記念作として発表される。

青いジャケットスタイルでステージに上がった5人は、1曲目にニューシングルの表題曲のディスコチューン「UP<UPBEAT」を披露。ボーカルの森崎ウィンと黒川ティムは気持ちよさそうに歌声を響かせながら「Put your hands up!」とオーディエンスを煽り、清水大樹は軽快なラップで楽曲を彩る。2曲目には「If you」がドロップされ、さわやかなサウンドに乗せて島田翼は鮮やかなターンを決めた。

MCでは清水が「楽しむ準備はできてますか!? 寒いけどあったまって行きましょう!」と呼びかける。福本有希は自己紹介で「王子ー!」と呼びかけられ「王子ですっ!」と笑顔で応じた。続いてマイクを握った森崎は曲紹介で「寒いけど次の曲であったまって。……ああ、次はバラードか。大丈夫、俺があっためてやるから!」と笑う。3曲目に届けられたのは「UP<UPBEAT」のカップリング曲「春空」で、5人は快晴の下、優しい表情を浮かべながらこの楽曲をパフォーマンス。森崎と黒川は息の合ったハーモニーを披露した。続けて「Let's prove it!!」を歌い踊った5人は、この曲のあとに「プリズ?」「マックス!」というコール&レスポンスで会場をさらに盛り上げる。ラストナンバー「Pleasure」ではオーディエンスの手拍子の音が会場に響き、5人は会場の隅々まで笑顔を向けながら舞台上を躍動する。曲の途中にはサビの振り付けのレクチャーも行われ、にぎやかな雰囲気の中でミニライブは終幕した。

なお、「UP<UPBEAT」のリリースに伴う彼らの新しいアーティスト写真が公開された。新たなアーティスト写真は、ネオンサインが輝く夜の街にPrizmaXの5人がたたずむ姿がデザインされている。

音楽ナタリーをフォロー