音楽ナタリー

オレスカバンドmoricoが脱退、育児に専念

195

オレスカバンド

オレスカバンド

オレスカバンドのmorico(Tenor Sax, Key)がバンドを脱退することを発表した。

moricoは脱退の理由を「この度、私は育児に専念するため、オレスカバンドを脱退することにしました。先月母親になり、自分とバンドの今後の人生を考えて出した前向きな選択です」と自身の近況を交えて説明している。またバンドについては「メンバーがいつもそばで自分を支えてきてくれたように、これからは友人の一人として、またファンとして、皆様と共にオレスカバンドをサポートしていきたいと思います」とコメントした。

なおバンドはファンに向けて「ここをバンドの人生の大きな節目と捉えて、何よりもそのきっかけを私たちに与えて大きなステージへと歩き出したmoricoへRespectと感謝の想いを込め、オレスカバンドは新たな挑戦に突き進んでいきます」とメッセージを送っている。

morico(Tenor Sax, Key)コメント

オレスカバンドのファンの皆様へ

大切なご報告があります。

この度、私は育児に専念するため、オレスカバンドを脱退することにしました。
先月母親になり、自分とバンドの今後の人生を考えて出した前向きな選択です。

約12年間続けてきたバンドは私の青春であり、活動を通してたくさんの経験をさせてもらい、それまでの人生を変えるような素敵な出会いがありました。
メンバー、関係者の皆様、ファンの方々に心から感謝しています。

復帰を楽しみに待ってくれていたファンの皆様の期待に応えることができず、心苦しい気持ちもありますが、これからは母親として子どもの成長を楽しみ、笑顔溢れる家庭を目指して日々精進していきます。
メンバーがいつもそばで自分を支えてきてくれたように、これからは友人の一人として、またファンとして、皆様と共にオレスカバンドをサポートしていきたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。

2016.1.31 T.sax&Key morocco

オレスカバンド コメント

オレスカバンドを応援してくれている皆様へ

この度、”ママ休”としてバンド活動をお休みしていたT.sax&Keyのmoricoが、オレスカバンドを正式に脱退することになりましたことを報告させていただきます。

去年4月以降、急遽5人でのライブ活動をすることになり、出産を控えた状態のmoricoと近況報告の連絡を取り合いながらも、なかなか落ち着いて話し合うことができませんでしたが、先月のmoricoの出産を経て、改めて今後の活動についてお互いの状況や目標を話し合ったことで、この結論に至ることがきました。
moricoの復帰をお待ちいただいていた皆様には申し訳ありません。

2003年大阪の中学校で結成して以来、メンバーひとりとして欠けず幼馴染6人で活動を続けてきた私たちですが、27歳になり、今回メンバーの出産・育児というとってもめでたく前向きな理由でmoricoを送り出せることを嬉しく思います。

私たちとしてもmorico不在期間の中で、これまでの自分たちのアイデンティティと向き合い、新しい考え方やスタイルを探し始めることができました。
ここをバンドの人生の大きな節目と捉えて、何よりもそのきっかけを私たちに与えて大きなステージへと歩き出したmoricoへRespectと感謝の想いを込め、オレスカバンドは新たな挑戦に突き進んでいきます。
今後のライブや楽曲を是非、楽しみにしていてください!

2016.1.31
オレスカバンド

音楽ナタリーをフォロー