音楽ナタリー

おかげさまでナタリー10周年

絢香、映画「I LOVE スヌーピー」日本版EDを書き下ろし

411

「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」のエンディング曲を手がける絢香(左)。

「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」のエンディング曲を手がける絢香(左)。

絢香が、12月4日に公開される映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」の日本版エンディング曲として書き下ろし曲「A Song For You」を提供したことがわかった。

「A Song For You」は、スローなメロディラインで安らぎと力強いメッセージを感じさせるナンバー。絢香は「映画のテーマにある『みんな、だれかのだいじ』という言葉と、 1人の母親としての気持ちがリンクして生まれた曲です。たいせつなあなたが落ち込んでいる時、心細い時に『A Song For You』がそっと寄り添える歌になったら……そんな思いで書きました」とコメントを寄せた。

あわせて、スヌーピーとチャーリー・ブラウンがともにさまざまな経験をし、友情を深めていくさまが描かれたテレビスポットがYouTubeにて公開された。映像のバックには絢香の歌声が流れ、物語に彩りを添えている。

「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」はスヌーピーシリーズ初のCG / 3D長編アニメーション。「アイス・エイジ」のブルースカイスタジオが制作し、音楽は「アナと雪の女王」のクリストフ・ベックが手がける。なお日本版の声のキャストには、鈴木福、芦田愛菜、小林星蘭、谷花音が起用された。

絢香 コメント

世界中で愛されているスヌーピーの作品に携われることを、とても光栄に思います。
映画のテーマにある「みんな、だれかのだいじ」という言葉と、1人の母親としての気持ちがリンクして生まれた曲です。
たいせつなあなたが落ち込んでいる時、心細い時に
「A Song For You」がそっと寄り添える歌になったら……そんな思いで書きました。

音楽ナタリーをフォロー