音楽ナタリー

できたて新曲も披露!THE PREDATORSツアー終幕「また2~3年後に会おう」

887

THE PREDATORSの東京・Zepp Tokyo公演の様子。(撮影:橋本塁 / SOUND SHOOTER)

THE PREDATORSの東京・Zepp Tokyo公演の様子。(撮影:橋本塁 / SOUND SHOOTER)

THE PREDATORSが8月に発表したアルバム「ROCK'N'ROLL PANDEMIC」のリリースツアーの最終公演として、10月9日に東京・Zepp Tokyoでワンマンライブを実施。ひさびさに再始動した彼らの姿をひと目観るべく、多くのファンが会場に集った。

開演前にはBGMとして、「ROCK'N'ROLL PANDEMIC」のテーマであるRamonesの楽曲が爆音で流れ、すでに会場内は熱気ムンムン。客席から悲鳴にも似た声援が湧き上がる中ステージに現れた彼らは、すぐに楽器を手にとって1曲目「Nightless City」をパフォーマンスした。3人はその後もRamonesゆずりのシンプルでストレートなロックチューンを次々投下。熱い演奏に煽られてオーディエンスもますますヒートアップしていく。

中盤には山中さわお(Vo, G)が「今夜も髪の毛の色が高級な栗まんじゅうみたいだね。それってやっぱり、美容室に一番お気に入りの栗まんじゅうを持って行ってるの?」と言ってJIRO(B)をイジりつつ、「次はミスター高級栗まんじゅうが作った曲の中でも、とてもスパイシーで大好きな曲」と曲紹介。赤と緑のスポットライトを浴びながらJIROがベースソロを弾き、「Monster in my head」が演奏された。ライブは新作からの楽曲を盛り込みながらハイペースで進行し、3人は獰猛な演奏で観客を飲み込んでいった。

山中はその後のMCで「結成から10年経ってアルバムも5枚出たので、ようやくレパートリーに困らなくなったと思ったけど、今回はパンクをテーマに曲を作ったので、初期のNirvanaに寄せた曲は相性が悪いんだよ」「1曲が短いからライブがコンパクトになってしまう。普段the pillowsやScars Boroughのライブに来てる人は1時間半やればワンマンだと思ってくれるけど、3時間くらいワンマンやるGLAYのファンは納得してくれない」と冗談交じりに説明。ツアー初日の渋谷公演で「尺が短すぎる」と気付き、翌日の仙台公演前に急いで作ったというできたての新曲を披露すると伝えると、思わぬ展開にオーディエンスは大いに盛り上がった。そして山中は歌詞が書かれた紙を最前列の観客に渡し、「三位一体」を意味する「Trinity」と題したミドルチューンを歌唱。10周年を迎えたTHE PREDATORSの今を表現したようなこの曲を、観客はじっと聴き入っていた。

「Trinity」の演奏を終えると、JIROは「ツアーが楽しい思い出になって、ちょっと寂しい気持ちもあるんだけど、また2~3年後に会いましょう」、高橋宏貴(Dr)は「2~3年後にまたやることを楽しみにして、前向きに考えましょう」、山中は「すべての時間が楽しかった。ありがとう」と、それぞれが集まったファンに感謝の気持ちをコメント。「Hurry up! Jerry!」「爆音ドロップ」「WILD TIGER」「THIS WORLD」と熱量の高いナンバーを次々と連発し、最高潮の盛り上がりの中でライブ本編は終了した。

ステージからメンバーが去ったあと、会場に客電がつき、再びRamonesの曲がBGMとして流れ始めたが、彼らを待つ観客の手拍子は鳴り止まず、アンコールが行われることが決定。大きな歓声に包まれながら、彼らは「START!」「Typhoon Jenny」を演奏した。その後さらにダブルアンコールが行われることも決まり、3人は缶ビールを片手にステージに登場。「今日はおいしいビールが飲めるな」と言いながら彼らは缶ビールで乾杯した。山中は名残惜しげにギターを持ちながら「明日から嫌々the pillowsに戻るわけなんで(笑)、最後にもう一度キャーキャー言ってください」と、観客に黄色い声援を要求。3人は楽しさを噛みしめるように「LIVE DRIVE」を演奏し、ロックンロールショーの幕を下ろした。

なお後日、この公演の模様を収録したライブ映像作品がリリースされる予定。発売日や詳しい内容は決まり次第アナウンスされる。

THE PREDATORS「ROCK'N'ROLL PANDEMIC TOUR」
2015年10月9日 Zepp Tokyo セットリスト

01. Nightless City
02. SHOOT THE MOON
03. BRAIN CALLY
04. TRIP ROCK
05. Smoky Surf Shop Boogie
06. WALK ON THIS WAY!
07. Monster in my head
08. Risky Revolution
09. Crazy Babar
10. LAID BACK BOY'S BLUE
11. ROCK'N'ROLL LAY DOWN
12. Bite And Fight!
13. Tyrant
14. Trinity
15. Hurry up! Jerry!
16. 爆音ドロップ
17. WILD TIGER
18. THIS WORLD
<アンコール>
19. START!
20. Typhoon Jenny
<ダブルアンコール>
21. LIVE DRIVE

音楽ナタリーをフォロー