音楽ナタリー

「ユルネバ」ライブでブーイング!!!、ゆってぃバンドがFC東京応援

304

ブーイング!!!

ブーイング!!!

2月26日に東京・下北沢GARDENにてライブイベント「ユルネバ~キミは一人じゃない~LIVE」が開催された。

これは植田朝日が監督を務めた映画「ユルネバ~キミは一人じゃない~」の完成を記念して開催されたもの。映画はサッカーチーム・FC東京のサポーターの生活を描いたコメディ作品で、この日のライブには監督の植田や映画に出演しているゆってぃアイドリング!!!のメンバー橘ゆりか、倉田瑠夏、関谷真由などが登場。会場にはアーティストのファンのみならずFC東京ファンも多数詰めかけた。

ライブのトップバッターを務めた関谷は、FC東京の応援歌である「You'll Never Walk Alone.」を独唱。最初はじっと聴き入っていた観客たちは、次第に彼女の歌声に声を重ね、会場にはシンガロングが響き渡る。続いて披露された小泉今日子のカバー曲「なんてったってアイドル」で関谷は、歌詞の一部を「東京」に変えFC東京ファンを盛り上げた。2組目としてステージに登場したのは、ゆってぃことゆってぃNYチーズケーキ(Vo)が率いるバンド・TOKYO FRIDAY NIGHT。彼らはバンドアレンジを施した「東京音頭」をプレイし、オーディエンスのテンションを引き上げていく。FC東京ファンとしても知られるゆってぃは「FC東京の皆さんはわかりますよね」と呼びかけ、チームの応援歌「一生青と赤」を叩き込み、会場の一体感を高めた。バンドはなだれ込むようにThe Champs「テキーラ」のカバーをプレイ。演奏中、ゆってぃは観客たちに指示し、曲に合わせて「東京」コールを会場に響かせた。

その後、ステージには「東京ゴール裏覆面バンド」と題した特別ユニットが登場。このバンドのステージでは覆面を被った植田が「アイム、マスクドアサヒマン」と自己紹介してステージに現れ、タカハシセーイチとともに「ルパン東京」「東京ブギウギ」といったFC東京の応援歌を織り交ぜたメドレーを熱唱した。MCに入ると植田はシークレットゲストとして土屋礼央(RAG FAIR)をステージに呼び込む。TOKYO MXのFC東京応援番組「F.C.TOKYO魂!」でMCを務めている土屋は、「チームに向けて書いた曲です」と話し「エクスポーズ」を歌唱。サビではオーディエンスも声を張り上げて歌に参加し、土屋の“FC東京愛”を分かち合った。

ライブのトリを飾った橘と倉田は、アイドリング!!!の派生ユニット・ブーイング!!!としてステージに立った。彼女たちは映画の主題歌「ユルネバ」やサッカー日本代表の応援のために作られたコンピ盤「ULTRAS2014」収録曲「僕はマタドール」などを立て続けに歌唱。観客たちはFC東京のチームカラーである青と赤のサイリウムを灯して彼女たちに声援を送った。「サマーライオン」では関谷がステージに駆け付け、3人でステージを展開。曲中ではFC東京の“チャント”を織り交ぜ、サッカーファンをも魅了するパフォーマンスを披露した。

ライブ終了後、熱狂的なまでのアンコールが会場内に響き、ライブはアンコールに突入。出演者全員がステージ上に登場し「ユルネバ」を大合唱したあと、ブーイング!!!の2人にちなんでブーイングを会場に響かせたところでこの日のライブはフィナーレを迎えた。

音楽ナタリーをフォロー