映画ナタリー

吉沢亮&加藤諒があるもの探しデッドヒート「下北沢ダイハード」スピンオフ無料配信

4350

「下北沢ダイハード」スピンオフ「下北沢で○○○が見つからない男」

「下北沢ダイハード」スピンオフ「下北沢で○○○が見つからない男」

ドラマ「下北沢ダイハード」のスピンオフ動画「下北沢で○○○が見つからない男」に、吉沢亮加藤諒が出演。同作のWeb限定無料配信がスタートした。

テレビ東京系で放送中の「下北沢ダイハード」は、上田誠喜安浩平らが脚本を担当した1話完結のコメディドラマ。東京・下北沢を舞台に、古田新太演じる“ジョン幕練”と、小池栄子扮するスナックのママが案内人として登場する。

ドラマ本編の第1話「裸で誘拐された男」に出演した吉沢と、第6話「未来から来た男」に出演した加藤。2人が共演する「下北沢で○○○が見つからない男」は、スピンオフ動画の第2弾にあたる。劇団・アガリスクエンターテイメント冨坂友が脚本を、ドラマ「ぼくは麻理のなか」の戸塚寛人が監督を担当し、下北沢の街であるものを探しデッドヒートを繰り広げる男たちの姿をモノクロサイレント映像で描き出す。YouTube、ひかりTV、GYAO!にて期間限定で配信される。

なお本日9月15日の24時32分からは、本編第9話「幽体離脱した男」を放送。ロロ三浦直之が脚本を手がけた本エピソードでは、舞台の本番前に幽体離脱してしまう落ち目の男性アイドル・タクヤと、彼が出会った少女・紗奈の物語がつづられる。紗奈役の岸井ゆきのは「彼はどう幽体離脱するのか。果たして人間界に戻れるのか。30分間の楽しい幽霊劇場、たくさんの方にご覧頂ければ嬉しいです!」と、タクヤ役の金子大地は「不思議なリアリティーと、胸をきゅっと締め付けられるような青春の切なさみたいなものを、皆さんにも楽しんでもらえたら嬉しいです!」とコメントを寄せた。

濱谷晃一(プロデューサー) コメント

クールで超美形な吉沢亮さんが七転八倒して、下北沢中を駆けずり回るギャップがとても面白いです。そして、加藤諒君とのバトルも本当にバカバカしい。モノクロ・サイレント映像なので、2人の表情や動きにもぜひ注目して頂きたいです。
○○○が見つからないのは、今回の下北沢ダイハードの僕の個人的な実体験に基づいています(笑)。

岸井ゆきの コメント

舞台の本番前に幽体離脱してしまった男の子と出会う、謎の女の子のお話です。今回は、段取りが1個1個ちょっとずつ違うというか、ドラマの時間割と少し流れが違うというか。その場で決めていくことが多くて、面白かったです。
彼はどう幽体離脱するのか。果たして人間界に戻れるのか。
30分間の楽しい幽霊劇場、たくさんの方にご覧頂ければ嬉しいです!

金子大地 コメント

自分のやったことのない感じの作品だったので、すごく楽しかったです。
テンションの上がり下がりが激しいので、ちょっと難しい役でした。(今までにやったことのないコメディー的な部分は)結構思い切ってやってみようと思ってやりました。ちょっとこ う、ふざけたり(笑)……それが面白かったです。(もしも幽体離脱をしたら)やっぱりまずは焦るだろうし(笑)、確かにタクヤみたいなリアクションをすると思います。そういう不思議なリアリティーと、胸をきゅっと締め付けられるような青春の切なさみたいなものを、皆さんにも楽しんでもらえたら嬉しいです!

※映画ナタリーPower Push公開中!
「トモダチゲーム 劇場版」吉沢亮×山田裕貴×大倉士門×久保田悠来インタビュー 第一印象は?キスシーンの裏側は?男同士の本音トークPR

(c)「下北沢ダイハード」製作委員会

映画ナタリーをフォロー