映画ナタリー

「バクマン。」佐藤健がアドリブで涙見せるメイキング、ナレーターは新井浩文

696

「バクマン。」豪華版Blu-ray / DVD特典のメイキング映像“友情”より。

「バクマン。」豪華版Blu-ray / DVD特典のメイキング映像“友情”より。

4月20日発売の「バクマン。」豪華版Blu-ray / DVDに収録されるメイキング映像の一部が、YouTubeにて公開された。

「バクマン。」は、大場つぐみと小畑健のマンガを大根仁が映画化した作品。佐藤健と神木隆之介が主演を務め、マンガ家志望の男子高校生コンビ、最高と秋人が週刊少年ジャンプでの連載を目指す物語を描く。

本商品には、作品のテーマにもなっている“友情”、“努力”、“勝利”と題したメイキング映像が収録される。このたび公開されたのは、役者たちの絆を中心に映画の舞台裏を捉えたオリジナルメイキング“友情”の一部。追い詰められた最高と秋人を助けるためマンガ家仲間たちが作業場に集まる場面で、彼らがもっともライバル視している天才マンガ家・新妻エイジの言動が最高を駆り立てるというクライマックスシーンの撮影現場が収められている。本編では最高が涙を流すシーンがあるが、この映像の中ではそれが台本には書かれていない佐藤のアドリブだったことが明らかに。また体調が万全でない最高をリアルに演じるため、自らを追い込み睡眠時間を削って撮影に挑んだ佐藤の姿も収められている。

オリジナルメイキング“友情”と“努力”のナレーションを務めるのは、平丸一也を演じた新井浩文。大根の指名を受け、収録を行った新井は「滑舌がよくないとひしひしと感じた。うちはナレーターじゃないから」と謙遜するが、NGも少なくスムーズに進み、予定よりも早く終わったという。さらにメイキング映像を観た新井は「観ると(撮影当時の)思い出がよみがえります」と感想を述べる。そして「映画は映画館で観てほしいという気持ちもあるけど、Blu-ray、DVDでも観てもらえたら、さらにうれしい」とコメントを寄せた。

なお豪華版Blu-ray / DVDには、佐藤、神木、大根、プロデューサーの川村元気によるビジュアルコメンタリーも収録される。さらに同封ブックレットには劇中マンガ「この世は金と知恵」「CROW」「KIYOSHI騎士」「ラッコ11号」「味覚人少女美味」の第1話が収められるほか、封入特典として最高と秋人が原稿ケースに貼っていた「超ヒーロー伝説バックマン」のステッカーも付属する。

(c)2015 映画「バクマン。」製作委員会 (c)大場つぐみ・小畑健/集英社

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】