映画ナタリー

ロカルノ映画祭で賞賛された「ハッピーアワー」、女たちの人生を映し出す予告編

313

「ハッピーアワー」 (c)2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト

「ハッピーアワー」 (c)2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト

「親密さ」「PASSION」などで知られる濱口竜介の監督作「ハッピーアワー」の予告編がYouTubeにて公開された。

本作は恋愛や結婚、夫婦間の問題などに悩む30代の女性たちを描いた5時間17分の長編作品で、2013年に兵庫・神戸にて行われた「濱口竜介 即興演技ワークショップ in Kobe」の参加者が俳優として多数起用されている。主要キャストである田中幸恵菊池葉月三原麻衣子川村りらの4名は、第68回ロカルノ国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門において、最優秀女優賞を獲得。また濱口、野原位、高橋知由が“はたのこうぼう”名義で共同執筆した脚本も、スペシャルメンションという形で表彰された。

予告編では「永遠に君を愛す」など濱口作品に多数出演している女優・河井青葉のナレーションによって、バツイチの看護師あかり、一児を持つ専業主婦の桜子、キャリアウーマンの芙美、“秘密”を抱えた純が紹介される。そして純の“秘密”に触れたことをきっかけに、彼女たちそれぞれの人生が大きく動いていくさまが映し出される。

「ハッピーアワー」は12月より東京のシアター・イメージフォーラムを筆頭に、大阪・第七藝術劇場、京都・立誠シネマなど全国で順次公開。なお撮影地である神戸の元町映画館では12月5日から特別先行上映が実施される。

映画ナタリーをフォロー