ベリャコーヴィッチの遺志を継ぎ、O・レウシン演出で劇団東演「マクベス」上演

46

劇団東演第160回公演「マクベス」が12月15日から19日まで、東京・あうるすぽっとにて上演される。

劇団東演第160回公演「マクベス」ビジュアル

劇団東演第160回公演「マクベス」ビジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

本作は、劇団東演創立60周年記念公演として2019年に上演された作品。2016年に死去したV・ベリャコーヴィッチ最後の演出作品で、ロシア・ユーゴザパト劇場の現芸術監督であるO・レウシンが演出補に当たった。今回は、2019年の上演に続き能登剛がマクベス役を演じ、マクベス夫人役には奥山美代子がキャスティングされた。上演時間は休憩を含み約2時間45分。

この記事の画像(全7件)

劇団東演第160回公演「マクベス」

2021年12月15日(水)~19日(日)
東京都 あうるすぽっと

作:ウィリアム・シェイクスピア
訳:佐藤史郎
翻案・演出・美術・衣裳:V・ベリャコーヴィッチ
演出補:O・レウシン

キャスト

マクベス:能登剛
マクベス夫人:奥山美代子
バンクォー:豊泉由樹緒
フリーアンス(息子):三代陽輔
ダンカン(国王):島英臣
マルコム(息子):大塚航二朗
アンガス、門番:星野真広
メンティース:阿部航平
レノックス:原野寛之
ケイトネス:蓮池龍三
ロス:奥山浩
兵士:小泉隆弘
マクダフ:南保大樹
マクダフ夫人:岸並万里子
娘:三森伸子
刺客:M・インチン、I・スキツァン、上村遥
魔女:E・オフチンニコフ、A・ナザーロフ、清川翔三、藤本稜太 

全文を表示

関連記事

奥山美代子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 奥山美代子 / 島英臣 / ウィリアム・シェイクスピア の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします