ぺペペの会の新作は、新たな観客が入室するたびに冒頭に戻る演劇

2

65

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 5 25
  • 35 シェア

ぺペペの会の新作「インスタント・レアリスム」が、12月17日から19日まで東京・新宿眼科画廊 スペース地下で上演される。

ぺペペの会「インスタント・レアリスム」ビジュアル

ぺペペの会「インスタント・レアリスム」ビジュアル

大きなサイズで見る

本公演では、作・演出を担当する宮澤大和の詩が戯曲として用いられる。観客は、決まった時間内であれば自由な時間に来場することができ、劇場に新たな観客が入室すると作品は巻き戻され、初めから上演される。出演者には石塚晴日、佐藤鈴奈、熊野美幸、小林彩、新堀隼弥が名を連ねた。

宮澤は公式サイトで「『インスタント・レアリスム』は、時間、共同体、他者にアプローチする演劇です」と語り、「共同体の内部者が帰属をもっとも感じる瞬間は、名簿に記されたじぶんの名前を目の当たりにしたときではなく、外部者を目の当たりにしたときです。外部の人間が劇場にやって来るたびに、エンゲキは再生され、共同体(劇場)が再構築されていく。この体験を通して、鑑賞者と創作者は、ふだん〈わたしたち〉がどのように他者を捉えているのかをあらためて発見することができるでしょう」とつづっている。

なお、本公演では来場チケットの事前予約は行われず、当日会場で購入できる“立ち会って観”チケット、公演期間中の会場をオンラインでのぞき見できる“のぞいて観”チケットが用意された。

ぺペペの会「インスタント・レアリスム」

2021年12月17日(金)~19日(日)
東京都 新宿眼科画廊 スペース地下

作・演出:宮澤大和
出演:石塚晴日、佐藤鈴奈、熊野美幸、小林彩、新堀隼弥

全文を表示

読者の反応

  • 2

裏本田・柴志朗(鈴木達也) @ssurahonda

「外部の人間が劇場にやって来るたびに、エンゲキは再生され、共同体(劇場)が再構築されていく。」
ぺペペの会の新作は、新たな観客が入室するたびに冒頭に戻る演劇 https://t.co/TiRY3iIQZf

コメントを読む(2件)

ぺぺぺの会のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ぺぺぺの会 / 宮澤大和 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします