藤ヶ谷太輔が「胸を張って“代表作”と言える作品」と自信、「ドン・ジュアン」本日開幕

3440

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が主演を務めるミュージカル「ドン・ジュアン」の東京・TBS赤坂ACTシアター公演が、本日10月21日に開幕。これに先駆け同日、公開ゲネプロと取材会が行われた。

左から鶴見辰吾、藤ヶ谷太輔、真彩希帆。

左から鶴見辰吾、藤ヶ谷太輔、真彩希帆。

大きなサイズで見る(全7件)

ミュージカル「ドン・ジュアン」より。(撮影:田中亜紀)

ミュージカル「ドン・ジュアン」より。(撮影:田中亜紀)[拡大]

これは、ヨーロッパを中心に広く知られる“ドン・ジュアン伝説”をフェリックス・グレイの作詞・作曲によりミュージカル化した作品。2004年にカナダで初演され、2016年には生田大和の潤色・演出で宝塚歌劇団にて日本初上演された。今回は、生田が潤色・演出、藤ヶ谷が主演を務めた2019年版の再演として上演。新キャストにヒロイン・マリア役の真彩希帆らを迎えたほか、続投メンバーには藤ヶ谷、平間壮一上口耕平吉野圭吾春野寿美礼鶴見辰吾が名を連ねた。

劇中では、藤ヶ谷演じる稀代のプレイボーイ、ドン・ジュアンを中心にした物語が展開。スペインの街・セビリアで、ドン・ジュアンは悪徳と放蕩の限りを尽くしていた。欲望の赴くまま、騎士団長の娘を毒牙にかけたドン・ジュアンに、騎士団長は激怒。2人は決闘するが……。

藤ヶ谷太輔

藤ヶ谷太輔[拡大]

取材会には、藤ヶ谷、真彩、鶴見、そして生田が登壇。まず藤ヶ谷は、「(初演より)すべてにおいてパワーアップしなきゃいけないというプレッシャーはありますが、このカンパニー、スタッフなら、すべて乗り越えていける自信があります。良いパワーをステージ上から皆様にお送りできれば」と意気込みを述べる。

生田大和

生田大和[拡大]

司会から、10月7日から17日まで行われた大阪公演での手応えを聞かれると、藤ヶ谷は「……どうですかね?」と生田に話を振る。生田はほほ笑みながら「(手応えは)十分にございます。舞台セットや小道具は初演と同じものなのですが、たいちゃん(藤ヶ谷)や、カンパニー全体の演技は、2年間の時を経て、より奥行きと深みが増したかと」とコメント。生田の発言を受けて、藤ヶ谷は「(手応え)あります!」とはっきり答え、周囲を和ませた。

真彩希帆

真彩希帆[拡大]

宝塚歌劇団卒業後、初の舞台出演となる真彩は、藤ヶ谷の印象について「パフォーマーとしてもスターだなと。人を惹き付ける魅力が、ドン・ジュアンにつながっているように感じます」と笑顔で話す。男性と演じてみての感想を問われると、「私はそもそも、人を男性・女性の区別で見ていなくて。“男性”だからドキドキするということはなく、役として、マリアがドン・ジュアンに感じるときめきは、毎日感じさせていただいております」と真摯に答えた。

鶴見辰吾

鶴見辰吾[拡大]

鶴見は、ドン・ジュアンの役柄を「芝居や歌が上手いだけじゃだめなんですよね。この役ができる人は、今考えると藤ヶ谷くんしかいないんじゃないのかな」と太鼓判を押す。また、再演版の魅力を「(藤ヶ谷の)人間としての深みが、ドン・ジュアンに出てきた。そこが初演からグレードアップした一番大きな見どころじゃないですかね」と語った。

また、司会が劇中で披露される藤ヶ谷の胸筋に言及すると、鶴見は「あの姿で楽屋をウロウロしているんですよ(笑)」とニヤリ。照れくさそうな笑みを浮かべた藤ヶ谷は「2年前より身体は少し大きくなりましたね……」と述べつつ、「男性としての色気は、ドン・ジュアンとして常に出していかないといけないところ。そこも見どころの1つですかね」とアピールした。

左から鶴見辰吾、藤ヶ谷太輔、真彩希帆。

左から鶴見辰吾、藤ヶ谷太輔、真彩希帆。[拡大]

最後に観客へのメッセージを求められた藤ヶ谷は「自分にとって、胸を張って“代表作”と言える作品に出会えたと思っています。プレッシャーはもちろんありますが、命を削って、その日にできることを、その日にすべて出し切るという気持ちでやっています。誰1人欠けることなく、大千秋楽まで走り抜きたい」と言葉に力を込め、取材会を締めくくった。

上演時間は約3時間。東京公演は11月6日まで。なおこのたび、本作のDVDの発売が決定。DVDには、本編映像に加え、藤ヶ谷、生田、そしてキャストによる座談会や、舞台セット設営完成までのタイムラプス映像が特典として収録される。発売日は4月15日。詳細は公式サイトを確認しよう。

この記事の画像(全7件)

ミュージカル「ドン・ジュアン」

2021年10月7日(木)~17日(日)※公演終了
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2021年10月21日(木)~11月6日(土)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

作詞・作曲:フェリックス・グレイ
潤色・演出:生田大和

キャスト

ドン・ジュアン:藤ヶ谷太輔

マリア:真彩希帆

ラファエル:平間壮一
ドン・カルロ:上口耕平
エルヴィラ:天翔愛

騎士団長 / 亡霊:吉野圭吾
アンダルシアの美女:上野水香
イザベル:春野寿美礼

ドン・ルイ・テノリオ:鶴見辰吾

アンサンブル(五十音順):一条俊輝、伊藤寛真、風間無限、鹿糠友和、仙名立宗、西岡寛修、西田健二、宮垣祐也、山野光、弓野梨佳、小石川茉莉愛、島田友愛、鈴木百花、谷須美子、則松亜海、花岡麻里名、平井琴望、松島蘭

全文を表示

関連記事

藤ヶ谷太輔のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 藤ヶ谷太輔 / 真彩希帆 / 生田大和 / 平間壮一 / 上口耕平 / 天翔愛 / 吉野圭吾 / 上野水香 / 春野寿美礼 / 鶴見辰吾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします