東京二期会×コンヴィチュニー「影のない女」、2022年2月に東京で世界初演

87

東京二期会オペラ劇場「影のない女」が来年2月に東京・東京文化会館 大ホールにて上演される。

ペーター・コンヴィチュニーが演出した東京二期会「皇帝ティトの慈悲」より。(撮影:三枝近志)

ペーター・コンヴィチュニーが演出した東京二期会「皇帝ティトの慈悲」より。(撮影:三枝近志)

大きなサイズで見る(全3件)

本作は、来年70周年を迎える東京二期会がドイツ・ボン歌劇場と共同制作を手がけるオペラ。リヒャルト・シュトラウス作曲の「影のない女」を、ペーター・コンヴィチュニーが初演出する。指揮を務めるのは、コンヴィチュニーと協働を重ねているアレホ・ペレス、皇帝役を又吉秀樹と菅野敦、皇后役を冨平安希子と渡邊仁美がWキャストで務める。

この記事の画像(全3件)

東京二期会オペラ劇場「影のない女」

2022年2月9日(水)、11日(金・祝)~13日(日)
東京都 東京文化会館 大ホール

台本:フーゴー・フォン・ホフマンスタール
作曲:リヒャルト・シュトラウス
演出:ペーター・コンヴィチュニー
指揮:アレホ・ペレス

出演(9・12日 / 11・13日)

皇帝:又吉秀樹 / 菅野敦
皇后:冨平安希子 / 渡邊仁美
乳母:藤井麻美 / 橋爪ゆか
伝令使(全日):友清崇、高田智士
若い男の声:高柳圭 / 下村将太
鷹の声:宮地江奈 / 種谷典子
バラク:大沼徹 / 清水勇磨
バラクの妻:板波利加 / 田崎尚美
バラクの兄弟:高野二郎、岩田健志、河野鉄平 / 児玉和弘、的場正剛、金子慧一

※高田智士の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

東京二期会のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 東京二期会 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします