かるがも団地、だいたい秋田弁で届けるスペクタクル「意味なしサチコ、三度目の朝」開幕

かるがも団地「意味なしサチコ、三度目の朝」が、昨日8月5日に東京・花まる学習会王子小劇場で開幕した。

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)

大きなサイズで見る(全12件)

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)[拡大]

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)[拡大]

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」より。(撮影:稲垣隼)[拡大]

「意味なしサチコ、三度目の朝」は、かるがも団地の第5回本公演。主人公の生まれ育った秋田の片田舎では過疎化と少子高齢化が進んでいた。しかし、そんな故郷のことをすっかり忘れ、彼女は夢破れたまま、東京で暮らしていて……。

作・演出を務める藤田恭輔は、開幕に際し「無事に幕を上げることができ、ホッとしています。だいたい秋田弁でお届けするやわらかな団地スペクタクルです。人生のどこかに忘れてきてしまったものと、やがて忘れていくものにふと思いを馳せてみる100分間。劇場版・配信版共にまだまだご予約受け付けております。私たちの団地に、ぜひ遊びに来てください」とメッセージを送った。

公演は8月8日まで。なお8日17:00には、1週間のアーカイブ視聴が可能なディレイ配信が実施される。

この記事の画像(全12件)

かるがも団地 第5回本公演「意味なしサチコ、三度目の朝」

2021年8月5日(木)~8日(日)
東京都 花まる学習会王子小劇場

作・演出:藤田恭輔
出演:波多野伶奈、村上弦 / 北林佑基、大西薫、板場充樹、守谷花梨 / 上田茉衣子、長井健一、藤井陽平、助川紗和子 / 古戸森陽乃、藤田恭輔、宮野風紗音

※助川紗和子は声のみの出演。

全文を表示

関連記事

かるがも団地のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 かるがも団地 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします