SixTONESジェシー&寺脇康文が成功祈りズドン!「スタンディングオベーション」開幕

4281

SixTONESジェシーが主演を務める「スタンディングオベーション」が、本日8月3日に東京・TBS赤坂ACTシアターで開幕。これに先駆け同日、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

「スタンディングオベーション」囲み取材より。左から寺脇康文、ジェシー。

「スタンディングオベーション」囲み取材より。左から寺脇康文、ジェシー。

大きなサイズで見る(全10件)

「スタンディングオベーション」より。

「スタンディングオベーション」より。[拡大]

本作は、秋元康が企画・原作を手がけるコメディ。劇中では、歴史劇「ジョージ二世」の上演中、「逃亡中の殺人犯が客席に紛れ込んでいる」と告げられた俳優たちの姿が描かれる。演出をウォーリー木下、脚本を粟島瑞丸が務め、ジェシーはジョージ二世を演じるイケメン俳優役、寺脇康文は劇場のバックステージや客席を行き来しながら事件解決へと動く刑事役を担当。このほかの出演者には、清水くるみ有川マコト小林タカ鹿牧田哲也水夏希木場勝己が名を連ねた。

「スタンディングオベーション」囲み取材より。左から寺脇康文、ジェシー。

「スタンディングオベーション」囲み取材より。左から寺脇康文、ジェシー。[拡大]

囲み取材にはジェシーと寺脇が出席。本作が自身初の単独主演舞台となったジェシーは「緊張しすぎて髪が伸びちゃった」と冗談を飛ばして記者たちの笑いを誘い、「SixTONESメンバーの(京本)大我がミュージカルや舞台にたくさん出ていますが、僕はバラエティ番組でずっとふざけていくのかなと思っていた。お話をいただいて『え、ドッキリ?』と思いましたね」とオファーを受けた際の心境を明かす。

「スタンディングオベーション」より。

「スタンディングオベーション」より。[拡大]

「スタンディングオベーション」より。

「スタンディングオベーション」より。[拡大]

ジェシーはセリフ量に苦労したそうで「今までにないセリフの多さでびっくり。ソファで6度寝くらいしながら必死に覚えました」と稽古期間を振り返る。「稽古では皆さんのお芝居がお上手すぎて、自分は大丈夫かと不安になったんですが、どうでした?」とジェシーに尋ねられた寺脇は「彼は華があるし、大胆かつ繊細。その両面を持っていて素敵です」とジェシーを称賛した。

またジェシーは、稽古初日の帰り道に傘を持っていなかったため、寺脇の傘に入れてもらい、相合い傘で駅まで一緒に帰ったエピソードを披露。ジェシーが「寺脇さんは本当にお優しいんです。LINEでもアドバイスをくださって、家で『どんだけ優しいんだよ!』と独り言を言いました」と話すと、寺脇も「彼は毎日LINEをくれるんですよ」と明かして仲むつまじさをのぞかせた。

「スタンディングオベーション」より。

「スタンディングオベーション」より。[拡大]

囲み取材では、作品タイトルにちなみ、2人が“スタンディングオベーション”について語る場面も。寺脇は「お客様が立ち上がって拍手をくださると、僕たちも鳥肌が立つほど感動するし、元気をもらえます。今回は『スタンディングオベーション』というタイトルですが(笑)、お客様が儀礼としてではなく、心から『立ち上がって拍手したい』と思えるような作品をお見せしたい」と意気込みを述べる。

「スタンディングオベーション」より。

「スタンディングオベーション」より。[拡大]

ジェシーも「僕はけっこうすぐ立ち上がるタイプで、バラエティでも心が動いたら立ち上がるんですけど、あれも一種のスタンディングオベーションだと思います。だからこの公演で少しでも何か感じるものがあれば、ぜひ立ってほしい。今は厳しい状況ですが、キャストも客席も1つになり、最後はみんなでスタンディングオベーションができたら」とコメント。この発言を受けて、寺脇が「幕が開いたとき、(観客が)みんな立ってたらどうする?」と水を向けると、ジェシーは「そしたら最後に座ってもらいましょう。感動して座る(笑)」と“シッティングオベーション”を提案して報道陣を笑わせた。

「スタンディングオベーション」囲み取材より。左から寺脇康文、ジェシー。

「スタンディングオベーション」囲み取材より。左から寺脇康文、ジェシー。[拡大]

最後にジェシーと寺脇は「『スタンディングオベーション』成功させましょう! ズドン!」と掛け声を響かせ、取材は終了した。

上演時間は20分の休憩を含む約2時間25分を予定。公演は8月29日までTBS赤坂ACTシアター、9月4日から7日まで京都・京都劇場にて。

この記事の画像(全10件)

「スタンディングオベーション」

2021年8月3日(火)~29日(日)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2021年9月4日(土)~7日(火)
京都府 京都劇場

企画・原作:秋元康
脚本:粟島瑞丸
演出:ウォーリー木下
出演:ジェシーSixTONES)、寺脇康文清水くるみ有川マコト小林タカ鹿牧田哲也水夏希木場勝己 / 小林美江佐々木誠粟野史浩、西海健二郎、斉藤悠高橋里央荒田至法長谷川慎也

全文を表示

関連記事

ジェシーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ジェシー / 寺脇康文 / ウォーリー木下 / 粟島瑞丸 / 秋元康 / 清水くるみ / 有川マコト / 小林タカ鹿 / 牧田哲也 / 水夏希 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします