ジェシーが王に変身!「スタンディングオベーション」追加キャスト発表、演出はウォーリー木下

7540

SixTONESジェシーが主演を務める「スタンディングオベーション」のスタッフ・キャスト情報、ならびにメインビジュアルが公開された。

上段左から寺脇康文、清水くるみ、有川マコト、小林タカ鹿。下段左から牧田哲也、水夏希、木場勝己。

上段左から寺脇康文、清水くるみ、有川マコト、小林タカ鹿。下段左から牧田哲也、水夏希、木場勝己。

大きなサイズで見る(全3件)

「スタンディングオベーション」メインビジュアル

「スタンディングオベーション」メインビジュアル[拡大]

本作では、演劇集団Z-Lionの粟島瑞丸が脚本、ウォーリー木下が演出を担当。追加キャストには寺脇康文清水くるみ有川マコト小林タカ鹿牧田哲也水夏希木場勝己が名を連ねた。お披露目されたビジュアルには、王に扮したジェシーの姿が収められている。

ジェシーにとって初の単独主演舞台となる本作は、秋元康が企画・原作を手がけるコメディ。物語の舞台となるのは「ジョージ二世」が上演されている、とある劇場。その「ジョージ二世」は、老境にさしかかった設定のジョージ二世を若手のイケメン俳優(ジェシー)が演じていたり、ジョージ二世の息子フレデリック・ルイスを演劇界の重鎮(木場)が演じていたりと、ちぐはぐなキャスティングがなされていた。そんな中、突如バックステージに刑事(寺脇)が現れ、「逃亡中の殺人犯が劇場に紛れ込んでいる」とプロデューサー(有川)に告げる。

公演は8月3日から29日まで東京・TBS赤坂ACTシアター、9月4日から7日まで京都・京都劇場で行われる。チケットの一般販売は6月26日10:00にスタート。

この記事の画像(全3件)

「スタンディングオベーション」

2021年8月3日(火)~29日(日)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2021年9月4日(土)~7日(火)
京都府 京都劇場

企画・原作:秋元康
脚本:粟島瑞丸
演出:ウォーリー木下
出演:ジェシーSixTONES)、寺脇康文清水くるみ有川マコト小林タカ鹿牧田哲也水夏希木場勝己 ほか

全文を表示

関連記事

ジェシーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ジェシー / ウォーリー木下 / 粟島瑞丸 / 秋元康 / 寺脇康文 / 清水くるみ / 有川マコト / 小林タカ鹿 / 牧田哲也 / 水夏希 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします