高石あかりが初主演映画で“元女子高生の殺し屋”に、映画「ベイビーわるきゅーれ」

59

高石あかりが、伊澤彩織と共に主演を務める映画「ベイビーわるきゅーれ」が、7月30日から東京・テアトル新宿ほかで公開される。

映画「ベイビーわるきゅーれ」より。

映画「ベイビーわるきゅーれ」より。

大きなサイズで見る(全3件)

映画「ベイビーわるきゅーれ」ポスター

映画「ベイビーわるきゅーれ」ポスター[拡大]

阪元裕吾が監督する「ベイビーわるきゅーれ」は、殺し屋2人組が社会になじもうと奮闘する青春映画。高校を卒業した殺し屋コンビのちさと(高石)とまひろ(伊澤)は、これから“オモテの顔”として社会人生活を送らなければならないことに途方に暮れていた。さらに2人は組織からルームシェアを命じられるが、“コミュ障”のまひろは、バイトをそつなくこなすちひろに嫉妬。2人の仲は徐々に険悪に。殺し屋稼業ではヤクザから恨みを買い、面倒事に巻き込まれ……。

高石が映画の主演を務めるのは、これが初めてのこと。公開に向け、高石は「彼女たちの中では日常の一部に“殺し屋”があって、それを非日常としない2人にクスッと笑えたり、少しゾッとしたりと楽しんでいただけるのかなと思います!」とコメントし、伊澤は「不器用な人たちが成長していく様子を、のんびり楽しんで、愛おしく思ってもらえたら嬉しいです」と思いを述べた。

出演者には高石と伊澤のほか、三元雅芸、秋谷百音、うえきやサトシ福島雪菜本宮泰風水石亜飛夢辻凪子ラバーガール飛永翼大水洋介仁科貴が名を連ねている。なお、挿入歌「らぐなろっく~ベイビーわるきゅーれ~」は、高石と伊澤が歌唱する。

※高石あかりの「高」ははしご高が正式表記。

高石あかりコメント

作品とちさと、どちらも二面性によるギャップと違和感をずっと大切にしていました。ちさとの中には、“ものすごく素直な天真爛漫の彼女”と“どこか達観している彼女”がいて、台本を頂いた時からその対照ははっきり見せたいなと思っていました。そういうところ含め、ちさとと重なる部分が多かったです。

作品に多く登場する銃。私たちの普段の生活から凄くかけ離れた存在ですが、銃を持つ二人がどこかすごく自然だと、逆に、そんな彼女らに違和感を感じてもらえるよう、撮影外でも常に持っていました。彼女たちの中では日常の一部に“殺し屋”があって、それを非日常としない2人にクスッと笑えたり、少しゾッとしたりと楽しんでいただけるのかなと思います!

伊澤彩織コメント

私とまひろの間には多くの共通点がありました。動くことしか取り柄がないところや、寝るのが好きなところ、ナイフや銃などの武器をカバンのなかに入れて仕事に向かうところも、私と一緒です。

なので、まひろの感情は自然と考えていくことができました。

アクションは、園村健介さんにしか思いつかない唯一無二の立ち回り。スタントを生業とする私が全力で芝居と向き合い、暴れまくりました。史上最高に難しかったけれど、今までに見たことのないファイトシーンが生み出されたと思います。

くだらないことで笑って、すぐ愚痴って、おいしいものを食べて生きる彼女たちの何気ない暮らしのなかに、いろいろな戦いが起こります。不器用な人たちが成長していく様子を、のんびり楽しんで、愛おしく思ってもらえたら嬉しいです。

この記事の画像・動画(全3件)

(c)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

高石あかりのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 高石あかり / 伊澤彩織 / 阪元裕吾 / 三元雅芸 / うえきやサトシ / 福島雪菜 / 本宮泰風 / 水石亜飛夢 / 辻凪子 / ラバーガール の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします