関西弁でモリエール第2弾は「スカパンの悪だくみ」、演出は孫高宏

28

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 5 18
  • 5 シェア

兵庫県立ピッコロ劇団「スカパンの悪だくみ」が、5月23日および28日から6月1日まで兵庫・兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 大ホールにて上演される。

兵庫県立ピッコロ劇団 第70回公演「スカパンの悪だくみ」チラシ表

兵庫県立ピッコロ劇団 第70回公演「スカパンの悪だくみ」チラシ表

大きなサイズで見る(全3件)

これは兵庫県立ピッコロ劇団の第70回公演で、“関西弁で、モリエール”の第2弾。本作の舞台はナポリ。オクターヴとレアンドルは、それぞれの父親が船旅に出ている間に恋人を見つけるが……。

ピンクのレオタード・上原裕美の台本、ピッコロ劇団・孫高宏の演出で立ち上げる。

この記事の画像(全3件)

兵庫県立ピッコロ劇団第70回公演「スカパンの悪だくみ」

2021年5月23日(日)、28日(金)~6月1日(火)
兵庫県 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 大ホール

作:モリエール(鈴木力衛訳 中央公論社)
台本:上原裕美
演出:孫高宏

出演

アルガント:森好文
ジェロント:風太郎
オクターヴ:堀江勇気
レアンドル:今仲ひろし
ゼルビネット:有川理沙
イアサント:平井久美子
スカパン:三坂賢二郎
シルヴェストル:岡田力
ネリーヌ:木之下由香
カルル:車貴玲
フラスキータ:金田萌果
メルセデス:田渕詩乃

全文を表示

兵庫県立ピッコロ劇団のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 兵庫県立ピッコロ劇団 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします