美人画の女性たちは絵の中で動き始め…加藤花鈴「浮き世の花籠」映像配信

107

コンテンポラリーダンサーの加藤花鈴が企画・演出・振付を手がけた「浮き世の花籠」が4月17日にKIPzで配信される。

「浮き世の花籠」より。

「浮き世の花籠」より。

大きなサイズで見る(全5件)

「浮き世の花籠」より。

「浮き世の花籠」より。[拡大]

「浮き世の花籠」より。

「浮き世の花籠」より。[拡大]

「浮き世の花籠」は、浮世絵や美人画をテーマにした舞台作品。本作では、絵の中の“美しい過去”と、絵の外の“現実”が舞台上で融合する。絵の中で動き出した美人画の女性たちは、物思いにふけったり、遊んだりし始めて……。

出演者には加藤のほか、今井琴美、未奈が名を連ね、ピアノを猿楽、歌をJURI、バイオリンを小畑亮吾、ボイスパーカッションをWacchが担当。視聴料金は税込1220円で、見逃し配信は5月2日21:00まで実施される。

この記事の画像(全5件)

「浮き世の花籠」配信

2021年4月17日(土)~

企画・演出・振付:加藤花鈴
映像:青柳亮
出演:加藤花鈴、今井琴美、未奈
音楽:猿楽(ピアノ)、JURI(歌)、小畑亮吾(バイオリン)、Waccha(ボイスパーカッション)

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします