劇団態変の“さ迷える愛”シリーズ3部作が完結、「心と地」が6月に兵庫で

36

劇団態変の第72回公演「心と地 - さ迷える愛・急」が6月18日から20日まで、兵庫のAI・HALLで上演される。

劇団態変 第72回公演「心と地 - さ迷える愛・急」チラシ表

劇団態変 第72回公演「心と地 - さ迷える愛・急」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

劇団態変 第72回公演「心と地 - さ迷える愛・急」チラシ裏

劇団態変 第72回公演「心と地 - さ迷える愛・急」チラシ裏[拡大]

劇団態変は1983年に旗揚げされた金満里主宰のカンパニー。金が作・演出・芸術監督を務める「心と地 - さ迷える愛・急」は、2018年の「翠晶の城 ‐ さまよえる愛・序」、2019から2020年にかけて上演された「箱庭弁当 ‐ さまよえる愛・破」に続く、“さ迷える愛”シリーズ3部作の最終章となる。本公演は、昨年5月に上演予定だったが延期となっていた。今回は、現代の愛の行き着く先が表現される。

コントラバス奏者・中島直樹が演奏を担い、音作家・かつふじたまこが音を手がける本作は、それらの音に乗せて、カンパニーの抽象身体表現が観る者を“宇宙”へと誘うという。チケットは5月17日に発売開始。

この記事の画像(全2件)

劇団態変 第72回公演「心と地 - さ迷える愛・急」

2021年6月18日(金)~20日(日)
兵庫県 AI・HALL

作・演出・芸術監督:金満里
演奏:中島直樹(コントラバス)
音:かつふじたまこ
出演:金満里、小泉ゆうすけ、下村雅哉、向井望、渡辺あやの、井尻和美、池田勇人、田岡香織、熱田弘幸

※金満里の「満」は旧字が正式表記。

全文を表示

金満里のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 金満里 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします