花村想太「繊細で憎めないチャーリー・ブラウンを」、中川晃教らが意気込み語る

2159

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」の取材会が、去る3月9日に東京・スヌーピーミュージアムで行われた。

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」取材会より。

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」取材会より。

大きなサイズで見る(全4件)

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」ビジュアル

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」ビジュアル[拡大]

1967年にアメリカで初演された本作は、チャールズ・M・シュルツのマンガ「ピーナッツ」を原作としたミュージカル。今回の上演では、2017年版に続き、小林香が訳詞・演出を手がける。

取材会にはキャストより、花村想太岡宮来夢宮澤佐江林愛夏植原卓也中川晃教が出席。タイトルロールを演じる花村は「小さな幸せ、大きな幸せ、いろいろなことに気付ける作品です」と本作を紹介し、「チャーリー・ブラウンは、本当に不幸の連続なのですが(笑)、だからこそ小さな幸せをしっかりかみしめることができる男の子」「僕もすごくネガティブな部分があり、でも子供時代はポジティブだったこともあるので、そこをミックスして、繊細で憎めないチャーリー・ブラウンが作れたら」と目標を掲げる。

続く岡宮は、自身が演じるライナスとの共通点について「ギリギリ絞りだして、顔がかわいいところくらい(笑)」と笑いを誘い、「ライナスの魅力は、カボチャの大王を信じていたり、毛布が手放せなかったりする幼い部分と、頭が良くて知的で哲学者であるというギャップ。そこがすごく愛らしい。全身全霊で取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」取材会より。

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」取材会より。[拡大]

口うるさい“ガミガミ屋”のルーシー役を務める宮澤は「ルーシーがみんなから嫌われず愛されているのは、何事にも一生懸命で、彼女なりの愛がたくさんあるから。たまに人を傷付けちゃうけれど、嫌味があって言っているのではない」とキャラクターを分析し、「世界的に大変な時期ですが、この作品を観ている2時間少々の間は、嫌なことを忘れさせる自信がある、そんな素敵な作品です」とアピールした。

チャーリー・ブラウンの妹サリーに扮する林は「コミックから飛び出してきたようなキャラクターたちが歌って踊る、楽しいミュージカルです。私も天真らんまんな“ガキンチョ”であるサリーになるために、Instagramで『#6歳女子』や『#6thBirthday』と検索し、6歳の女の子を観察するのがマイブーム」と自分なりの役作りの方法を明かす。また、天才音楽少年シュローダー役を担う植原は「自分はシュローダーのようにピアノは弾けないのですが、幼少期から音楽が好きで、音楽と隣り合わせの生活をしていたのは同じ。音楽を通して喜びを伝えるシーンもあるので、楽しく表現できたら」とコメントした。

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」取材会より。

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」取材会より。[拡大]

2017年公演からスヌーピー役を続投する中川は「ほえたり、その延長線上で歌ったり、ステップを踏んだり、大活躍のスヌーピーですが、それを役者として体現できるというのは、とてもうれしいこと。4年前のシアタークリエ版初演を経て、僕以外は新キャストになります」と初演時を回想しながらあいさつ。稽古初日に演出の小林から「思いやりをもって、みんなでこの作品を一緒に作っていってほしい」という言葉をもらったと振り返る中川は、「4年前の経験を礎に、新たに今年生まれるこのメンバーだからこその『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』の魅力が伝わっていくのではと思いました。お客様も一緒に盛り上げ、僕たちと一緒にこの作品を作っていってください」とメッセージを送った。

公演は3月30日から4月11日まで東京・シアタークリエで行われ、その後、大阪、愛知、長野を巡演する。

この記事の画像(全4件)

ブロードウェイミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」

2021年3月30日(火)~4月11日(日)
東京都 シアタークリエ

2021年4月15日(木)~18日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2021年4月20日(火)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

2021年4月23日(金)
長野県 長野市芸術館 メインホール

原作:チャールズ・M・シュルツ著 コミック「ピーナッツ」より
脚本・音楽・詞:クラーク・ゲスナー
追加脚本:マイケル・メイヤー
追加音楽・詞:アンドリュー・リッパ
訳詞・演出:小林香

キャスト

チャーリー・ブラウン:花村想太
ライナス:岡宮来夢
ルーシー:宮澤佐江
サリー:林愛夏
シュローダー:植原卓也
スヌーピー:中川晃教

全文を表示

関連記事

花村想太のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 花村想太 / 岡宮来夢 / 宮澤佐江 / 林愛夏 / 植原卓也 / 中川晃教 / 小林香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします