ノゾエ征爾×SPAC「病は気から」新たな設定加え3度目の上演

121

SPAC秋→春のシーズン2020‐2021「病は気から」が1月23・24日に静岡・静岡市民文化会館 中ホールにて上演される。

2012年に上演された「病は気から」より。(撮影:三浦興一)

2012年に上演された「病は気から」より。(撮影:三浦興一)

大きなサイズで見る(全5件)

SPAC秋→春のシーズン2020‐2021「病は気から」チラシ

SPAC秋→春のシーズン2020‐2021「病は気から」チラシ[拡大]

「病は気から」は、自分が病気だと思い込んでいる主人公アルガンを巡る、モリエールの戯曲。ノゾエ征爾の脚色・演出で立ち上げるSPAC版は、2012年に初演、2017年に再演され、今回が3回目の上演となる。今回は“ペストが流行している1673年”という設定が追加され、2名のキャストが新たに加わる。

なお本公演は、静岡県内中高生を公演に招待する、中高生鑑賞事業「SPACeSHIPげきとも!」のプログラムとなっている。

この記事の画像(全5件)

SPAC秋→春のシーズン2020‐2021「病は気から」

2021年1月23日(土)・24日(日)
静岡県 静岡市民文化会館 中ホール

原作:モリエール(「モリエール全集」臨川書店 / 秋山伸子訳より)
潤色・演出:ノゾエ征爾
出演(五十音順):阿部一徳、石井萠水、大高浩一、加藤幸夫、榊原有美、富川一人、本多麻紀、牧山祐大

全文を表示

関連記事

ノゾエ征爾のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ノゾエ征爾 / SPAC / 阿部一徳 / 富川一人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします