努力クラブ「救うか殺すかしてくれ」恋を諦められない中年男性の物語

30

努力クラブ 第14回本公演「救うか殺すかしてくれ」が来年1月22日から24日まで、兵庫・神戸アートビレッジセンター KAVCホールにて上演される。

努力クラブ 第14回本公演「救うか殺すかしてくれ」チラシ表

努力クラブ 第14回本公演「救うか殺すかしてくれ」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「救うか殺すかしてくれ」は、合田団地が作・演出を務める、努力クラブの最新作。劇中では自分の人生をのろう、よくいるタイプの中年男性が、恋をすることを諦めきれずに間違いを繰り返すさまが描かれる。合田は「面白くなると思うのでぜひとも観ていただきたいです」と意気込みを語った。

出演には努力クラブのメンバーである佐々木峻一、西マサトのほか、浅野有紀、大石英史、海沼未羽、北川啓太、重実紗果、福井菜月、御厨亮が名を連ねた。22日には多田淳之介をゲストに迎え、アフタートークが開催される。また、本作は「KAVC FLAG COMPANY 2020-2021」の参加作品となる。

合田団地コメント

「救うか殺すかしてくれ」という言葉の連なりが頭に浮かんで、自覚はなかったけれど辛かったのだなあ、と思った。誰への思いか。強いて言えば神か。神ならば叶えてくれるというのか。救うも殺すもされたくないよ。ふと頭に浮かんだだけで望んでないから。両方とも叶えてくれるなよ、と思う。今更救われてもな。いや、今更でも救ってくれるというなら。

こんなことを考えながら作っています。面白くなると思うのでぜひとも観ていただきたいです。

この記事の画像(全2件)

努力クラブ 第14回本公演「救うか殺すかしてくれ」

2021年1月22日(金)~24日(日)
兵庫県 神戸アートビレッジセンター KAVCホール

作・演出:合田団地
出演:浅野有紀、大石英史、海沼未羽、北川啓太、佐々木峻一、重実紗果、西マサト、福井菜月、御厨亮

全文を表示

関連記事

努力クラブのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 努力クラブ / 合田団地 / 大石英史 / 佐々木峻一 / 多田淳之介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします