「吉例顔見世大歌舞伎」中村獅童、勘三郎から受け継ぐ「義経千本桜」への思い語る

177

「吉例顔見世大歌舞伎」に出演する中村獅童の取材会が、本日10月15日に東京都内で行われた。

中村獅童

中村獅童

大きなサイズで見る(全6件)

中村獅童

中村獅童[拡大]

獅童が出演するのは「吉例顔見世大歌舞伎」の第4部「義経千本桜 川連法眼館」。佐藤忠信と源九郎狐の2役を演じる獅童は、取材部屋に入るなり「公演について話したいこと、たくさんあるんですよ。時間足りるかな?(笑)」と茶目っ気たっぷりにほほ笑み、取材は柔らかい雰囲気の中、スタートした。

中村獅童

中村獅童[拡大]

「義経千本桜 川連法眼館」を「一番思い出深い作品」と語る獅童は、今回勤める役について「『平成中村座』の試演会が最初でしたね。(故・中村)勘三郎兄さんに教えていただきました。稽古場では『なんでできないの!?』と毎日怒られて……今でも夢に見ます(笑)」と厳しい稽古を振り返る。「公演当日も怖くて震えていたのですが、花道に出た瞬間、客席の温かさを感じ、緊張感が吹っ飛んで。あとは無我夢中でしたね。最後には兄さんも号泣して、『今日のは、俺はもう負けた。あんなふうにできないよ、悔しいけど』と褒めていただけました」と懐かしそうに目を細めた。

「義経千本桜 川連法眼館」より、中村獅童扮する源九郎狐。(c)松竹

「義経千本桜 川連法眼館」より、中村獅童扮する源九郎狐。(c)松竹[拡大]

続いて「『母を慕う気持ちだけでやりなさい』というのが当時の教えでした」と勘三郎からのアドバイスを明かし、「試演会のあと、2003年の『新春浅草歌舞伎』で忠信を演じたとき、また勘三郎兄さんに稽古をつけていただいたんですけど……『ダメだね』と一刀両断されました。そのとき、僕は“上手に”やろうとしてしまっていたのですが、兄さんは『君の一番いいところは、ハートが出せるところ。うまくやろうとしてハートが出せなかったら、いいとこ1つもないよ』『もっと体当たりで、命がけでやってちょうだい』と。当時の台本を読み直すと、そのとき兄さんからいただいた言葉が、忘れないように書かれていました。今回はその台本をもとに、また勉強し直しています」と意気込みを述べた。

中村獅童

中村獅童[拡大]

今回は、源義経役を市川染五郎、駿河次郎役を市川團子、亀井六郎役を澤村國矢、静御前役を中村莟玉が演じる。獅童は「僕が今、一番懸念していることは、お弟子さんのことなんです。ただでさえ良い役を掴むチャンスが少ないのに、コロナで出演の機会も失われて。モチベーションを保つにも限界があるじゃないですか」と真摯に語り、「だから、僕が出演するのなら、若い人たちと一緒が良いとご相談させていただきました。今の時期に、若手を抜擢するということが、僕にとっては非常に重要なことなんです。この配役を見た若い子やお弟子さんが、自分にもチャンスがあると思ってほしい」と言葉に力を込める。

また記者から、今回共演する若手に対しどのように接していきたいかと問われると「先輩方から教えていただいたことは全部覚えています。その経験を思い返して、先輩方の魂や、彼らがやろうとしていたことを、生きている我々が後輩に伝えていかないと、という自負はありますね。そうしないと、また夢の中で怒られちゃいますから」と笑みを浮かべた。

「吉例顔見世大歌舞伎」チラシ

「吉例顔見世大歌舞伎」チラシ[拡大]

獅童が「歌舞伎座で古典歌舞伎の主演は初めて」と明かすと、記者からは驚きの声が上がる。その反応に獅童は笑いながら「うちの事務所に、昔からいる番頭も同じ反応をしていました。『お前ぐらいはわかっておけよ』と思うんですけど(笑)」と話し、「新作歌舞伎では何度か主演をやらせていただきましたが……やっぱり自分のホームである歌舞伎座で、三大名作の1つである『義経千本桜』の忠信を勤められるのは感慨深いですね」と思いを述べる。

公演に向けて、「ここ数年でようやく歌舞伎が楽しいと思えるようになりました。ずっと好きだからこそ苦しい気持ちがあって。でも僕の心が折れそうなとき、ずっと側に歌舞伎があった。歌舞伎というのは、一生かけて作り上げていくものだと思うんです。最大のライバルは自分自身。今回もすべてをぶつけて、体当たりで挑みたいですね」と決意を新たにした。「吉例顔見世大歌舞伎」は東京・歌舞伎座にて、11月1日から26日まで。チケットの販売は10月17日10:00に開始する。

この記事の画像(全6件)

「吉例顔見世大歌舞伎」

2020年11月1日(日)~26日(木)
東京都 歌舞伎座

第1部「蜘蛛の絲宿直噺」

出演

女童熨斗美 / 小姓澤瀉 / 番新八重里 / 太鼓持彦平 / 傾城薄雲:市川猿之助
源頼光:中村隼人
碓井貞光:中村福之助
金時女房八重菊:市川笑三郎
貞光女房桐の谷:市川笑也
坂田金時:市川猿弥

※小姓澤瀉の「瀉」のつくりは、わかんむりが正式表記。

第2部「新古演劇十種の内 身替座禅」

作:岡村柿紅

出演

山蔭右京:尾上菊五郎
太郎冠者:河原崎権十郎
侍女千枝:尾上右近
同 小枝:中村米吉
奥方玉の井:市川左團次

第3部「一條大蔵譚 奥殿」

出演

一條大蔵長成:松本白鸚
吉岡鬼次郎:中村芝翫
女房お京:中村壱太郎
八剣勘解由:松本錦吾
女房鳴瀬:市川高麗蔵
常盤御前:中村魁春

第4部「義経千本桜 川連法眼館」

出演

佐藤忠信 / 源九郎狐:中村獅童
源義経:市川染五郎
駿河次郎:市川團子
亀井六郎:澤村國矢
静御前:中村莟玉

全文を表示

関連記事

中村獅童のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 中村獅童 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします