「毒薬と老嬢」が原作、スリラーコメディミュージカル「テラス・マーダー・ハウス」

92

ミュージカル「Terrace Murder House テラス・マーダー・ハウス」が、9月18日から20日まで東京・雑遊で上演される。

ミュージカル「Terrace Murder House テラス・マーダー・ハウス」ビジュアル

ミュージカル「Terrace Murder House テラス・マーダー・ハウス」ビジュアル

大きなサイズで見る

本作は、ジョセフ・ケッセルリング作、黒田絵美子翻訳による戯曲「毒薬と老嬢」を原作にしたスリラーコメディミュージカル。翻案・演出を平戸麻衣、翻案脚本を趣向のオノマリコ、編曲・演奏を佐々木聖也が担当する。

舞台は1991年、アメリカニューヨーク州ブルックリンにあるブルースター家の居間。1920年代に建てられたブルースターの家には広い地下室があり、現在は三女マーサと長男テディの2人で住みながら、家のない人たちが安く借りられる物件として、部屋の貸し出しを行っている。しかしマーサは、下宿人に毒入りワインを飲ませ“永遠に眠らせる仕事”に精を出していた。一時的に帰省した次女で新聞記者のモーゼルは、ひょんなことからマーサの秘密を知ってしまう。さらにそこへ行方不明だった長女ジョアンも帰ってきて……。出演者には伊藤友惠、露詰茉悠、庄子紗瑛、佐藤知恩、森海、溝口悟光が名を連ねた。

なお本公演では、9月19日に18日公演の映像を届ける「ほぼLIVE版」、20日に無観客収録した映像を披露する「Director’s cut版」を観劇三昧LIVEにて配信。アーカイブ映像はそれぞれ9月26日23:59まで視聴可能だ。併せてチェックしよう。

ミュージカル「Terrace Murder House テラス・マーダー・ハウス」

2020年9月18日(金)~20日(日)
東京都 雑遊

原作:ジョセフ・ケッセルリング「毒薬と老嬢」
翻訳:黒田絵美子
翻案・演出:平戸麻衣
翻案脚本:オノマリコ
編曲・演奏:佐々木聖也
出演:伊藤友惠、露詰茉悠、庄子紗瑛、佐藤知恩、森海、溝口悟光

全文を表示

オノマリコのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 オノマリコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします