長塚圭史「コロナ禍でなければ生まれなかった」松たか子ら出演「イヌビト ~犬人~」開幕

237

「イヌビト ~犬人~」が、昨日8月5日に東京・新国立劇場 中劇場で開幕した。

「イヌビト ~犬人~」より。(撮影:細野晋司)

「イヌビト ~犬人~」より。(撮影:細野晋司)

大きなサイズで見る(全3件)

「イヌビト ~犬人~」より。(撮影:細野晋司)

「イヌビト ~犬人~」より。(撮影:細野晋司)[拡大]

「イヌビト~ 犬人~」は、2012年上演の「音のいない世界で」、2015年初演、2017年再演の「かがみのかなたはたなかのなかに」と同様に、近藤良平首藤康之長塚圭史松たか子の顔合わせで送る最新作だ。本作では作・演出を長塚、振付を近藤が担当。出演者には4人に加え、入手杏奈岩渕貞太碓井菜央大久保祥太郎黒須育海柴一平島地保武、中村駿、西山友貴、浜田純平が名を連ねた。

タナカ一家は、愛犬と共にとある町に引っ越してきた。町の住人は、誰もがマスクで口元で隠し、ソーシャルディスタンスを保ちながら生活している。これは30年前に発生した狂犬病の流行に起因するもので……。

本作について、長塚は「不都合な現実を遠くへ追いやる、その果てみたいなことを書きました。記憶の濃淡。共に生きる難しさ。コロナ禍でなければ生まれませんでした。これから大人になる子供達とかつての子供達へ」とコメントした。上演時間は約1時間30分。公演は8月16日まで。なお本日6日19:00開演回終了後にはシアタートークが行われ、長塚、近藤、音楽を手がける阿部海太郎、司会の中井美穂が出演する。

この記事の画像・動画(全3件)

「イヌビト ~犬人~」

2020年8月5日(水)~16日(日)
東京都 新国立劇場 中劇場

作・演出:長塚圭史
振付:近藤良平
出演:近藤良平、首藤康之、長塚圭史、松たか子 / 入手杏奈岩渕貞太碓井菜央大久保祥太郎黒須育海 / 柴一平島地保武、中村駿、西山友貴、浜田純平

全文を表示

関連記事

長塚圭史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 長塚圭史 / 近藤良平 / 首藤康之 / 松たか子 / 入手杏奈 / 岩渕貞太 / 碓井菜央 / 大久保祥太郎 / 黒須育海 / 柴一平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします