松本幸四郎と祖父・初代松本白鸚が39年ぶりに“共演”、図夢歌舞伎「忠臣蔵」第4回

517

松本幸四郎が構成・演出を手がける図夢歌舞伎「忠臣蔵」第4回に、幸四郎の祖父で、1982年に死去した初代松本白鸚が登場する。

1981年10月上演「仮名手本忠臣蔵 七段目」より、初世松本白鸚扮する大星由良之助と七代目市川染五郎(現・十代目松本幸四郎)扮する大星力弥。(c)松竹

1981年10月上演「仮名手本忠臣蔵 七段目」より、初世松本白鸚扮する大星由良之助と七代目市川染五郎(現・十代目松本幸四郎)扮する大星力弥。(c)松竹

大きなサイズで見る

図夢歌舞伎「忠臣蔵」は、「仮名手本忠臣蔵」をオンライン配信向けに新しく構成し、通し狂言として全11段を5回に分けて配信する歌舞伎作品。リアルタイムでの芝居と、事前収録の映像を組み合わせた演出が、本シリーズの見どころの1つとなっている。7月18日に配信される第4回では、初代白鸚が「仮名手本忠臣蔵」七段目で大星由良之助を演じていた舞台映像を通して、寺岡平右衛門役の幸四郎と画面上で共演。出演者にはこのほか、初代白鸚の甥である中村雀右衛門市川猿弥が名を連ねた。

幸四郎と初代白鸚が共演するのは、1981年に東京・歌舞伎座で行われた「仮名手本忠臣蔵」七段目以来約39年ぶり。幸四郎は「『仮名手本忠臣蔵』七段目は、祖父初代白鸚との最後の共演舞台であり、染五郎襲名狂言という、私にとって特別な演し物です」と振り返りつつ、「当時は、力弥を勤めさせていただきましたが、この度は、雀右衛門のお兄さんの胸を借りて、平右衛門を勤めます。とても大切なこの演目での祖父との共演、私もとても楽しみです」とコメントしている。

松本幸四郎コメント

「仮名手本忠臣蔵」七段目は、祖父初代白鸚との最後の共演舞台であり、染五郎襲名狂言という、私にとって特別な演し物です。

今、祖父と共演する夢を叶えられるのは図夢歌舞伎しかない、図夢歌舞伎だからこそ実現できる、と、今回出演を依頼しましたらOKをいただけました。

当時は、力弥を勤めさせていただきましたが、この度は、雀右衛門のお兄さんの胸を借りて、平右衛門を勤めます。 とても大切なこの演目での祖父との共演、私もとても楽しみです。

図夢歌舞伎「忠臣蔵」生配信

構成・演出:松本幸四郎

第1回配信「大序から三段目」

2020年6月27日(土)11:00~ ※終了

出演
高師直 / 塩冶判官 / 加古川本蔵:松本幸四郎
顔世御前:中村壱太郎
口上人形:市川猿弥

第2回配信「四段目」

2020年7月4日(土)11:00~ ※終了

出演
塩冶判官 / 大星由良之助:松本幸四郎
大星力弥:市川染五郎
口上人形:市川猿弥

第3回配信「五・六段目」

2020年7月11日(土)11:00~

出演
早野勘平:市川猿之助
斧定九郎:松本幸四郎
女房おかる:中村壱太郎
母おかや:上村吉弥
百姓与市兵衛:松本高麗五郎
口上人形:市川猿弥

第4回配信「七段目」

2020年7月18日(土)11:00~

出演
寺岡平右衛門:松本幸四郎
遊女おかる:中村雀右衛門
口上人形:市川猿弥

大星由良之助:初代松本白鸚(映像出演)

第5回配信「九・十一段目」

2020年7月25日(土)11:00~

出演
大星由良之助 / 加古川本蔵:松本幸四郎
戸無瀬:市川猿之助
大星力弥:市川染五郎
口上人形:市川猿弥

関連記事

松本幸四郎のほかの記事

リンク