広田ゆうみ・二口大学、別役実「眠っちゃいけない子守歌」を3都市で上演

125

広田ゆうみ二口大学「眠っちゃいけない子守歌」が6月に三重、8月に愛媛、10月に京都で上演される。

広田ゆうみ+二口大学 2019年ツアー「この道はいつかきた道」より。

広田ゆうみ+二口大学 2019年ツアー「この道はいつかきた道」より。

大きなサイズで見る(全4件)

広田ゆうみ+二口大学 2020年ツアー「眠っちゃいけない子守歌」」チラシ表

広田ゆうみ+二口大学 2020年ツアー「眠っちゃいけない子守歌」」チラシ表

これは、京都を拠点に活動する広田ゆうみ二口大学によるツアー公演。昨年、別役実の「この道はいつか来た道」「クランボンは笑った」を5都市で上演した2人が、今年は別役作「眠っちゃいけない子守歌」に取り組む。

「眠っちゃいけない子守歌」では、演出を広田が手がけ、広田と二口が出演。公演は6月20・21日に三重・津あけぼの座、8月7・8日に愛媛・シアターねこ、10月30・31日に京都・人間座スタジオで行われる。また6月20日公演には写真事務所office369番地の写真師・松原豊、8月8日公演には世界劇団の本坊由華子、10月30日公演にはルドルフの筒井加寿子をゲストに招いたアフタートークを実施。三重公演では6月19日にワークショップも開催される。

なお広田と二口は、長崎・アトリエPentAの提携公演「ペンタの日2020」に、別役作の「いかけしごむ」で参加。こちらは2021年3月に上演される予定だ。

※初出時、画像のキャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全4件)

広田ゆうみ+二口大学 2020年ツアー「眠っちゃいけない子守歌」

2020年6月20日(土)・21日(日)
三重県 津あけぼの座

2020年8月7日(金)・8日(土)
愛媛県 シアターねこ

2020年10月30日(金)・31日(土)
京都府 人間座スタジオ

作:別役実
演出:広田ゆうみ
出演:広田ゆうみ、二口大学

広田ゆうみ+二口大学「いかけしごむ」

2021年3月予定
長崎県 アトリエPentA

関連記事

広田ゆうみのほかの記事

リンク