ジョルジュ・ブラックと現代人を重ね合わせる、ぺぺぺの会「No.1 Pure Pedigree」

11

ぺぺぺの会「No.1 Pure Pedigree」が、5月1日から4日まで東京・BUoYで上演される。

ぺぺぺの会「No.1 Pure Pedigree」チラシ表

ぺぺぺの会「No.1 Pure Pedigree」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

宮澤大和が作・演出を手がける「No.1 Pure Pedigree」は、キュビズム創始者の1人であるフランスの画家ジョルジュ・ブラックの半生をもとにした作品。劇中では、ブラックが参加した第一次世界大戦前後の世界が描かれ、大戦中にブラックが感じた苦悩と、令和を生きる現代人が抱える困難が、詩の形式で書かれた戯曲により重ね合わされる。宮澤は本作について「私たちは演劇を展示するのではありません。演劇は展示されているのです。これは単なる言葉遊びではない──おそらく劇場に足を踏み入れた瞬間に感じられるはずです」とコメントした。

上演1時間前から、劇場に設置された展示スペースでインスタレーションが行われるほか、5月2日と3日のそれぞれ13:00開演回では、劇場2階のカフェスペースで、終演後に作品について演出家と話すことができる“おしゃべり会”が実施される。

なお、本作は中止となった「CoRich舞台芸術まつり!2020春」の最終選考作品にノミネートされていた。

この記事の画像(全2件)

ぺぺぺの会「No.1 Pure Pedigree」

2020年5月1日(金)~4日(月・祝)
東京都 BUoY

作・演出:宮澤大和
出演:石塚晴日、佐藤鈴奈、熊野美幸 / 大木菜摘、大矢紗瑛、小澤南穂子、加納彩衣、岸香保里、栗本朝香、近藤まこと、はぎわら水雨子、原田かづね、日々野本谷、雅哉、松浦みる

※2020年4月2日追記:本公演は新型コロナウィルスの影響で延期になりました。

関連記事

リンク